天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS へなちょこ庭師の日常・5月

<<   作成日時 : 2006/05/29 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5がつ29にち月ようび
どんよりと曇り 昨日と打って変わって蒸し暑し
ホトトギスの鳴き声が煩い(今はげろげ〜ろ☆)
夕刻 ほんの数メートル前を超低空飛行で 二羽のカモが飛び去る

画像

ニワザクラ、芝桜はもう終わりました。

昨日は一日中雨がざんざん降りだったので、咲いたばかりの白牡丹がすっかり傷んだ。まだもちそうな花は除き、二節目から先を切る。12〜3輪ほど。雨の後で蒸し暑くなると、すぐ腐ってしまうため病気のもとになる。
あっ、チューリップの葉もすっかり黄色くなってしまった。切らねば。
おやおや、シャクナゲも花が落ち始めた。これは十数輪が丸くまとまって咲く。根もとからポクッと簡単に折れるので、2〜3輪が落ちたら来年の花のために取り除きましょう。花芽の脇から新芽が出るため、花柄摘みを怠ると来年の花数が少なくなります。一本は私の背丈より高いので、花柄摘みをするのも大変。また大きくなるんだよな。来年はハシゴが必要だろうか?・・・ありゃりゃ、ツツジの花もぐしゃぐしゃ。仕方ない、きれいにせねば。
さらにパンジーの花柄も摘み、この時点でカゴ二杯分の葉っぱや花を堆肥へ。
母「バラの鉢植えだけど、カイガラムシの幼虫が飛んでるから消毒して」
アクテリックスを葉裏に散布、風向きを考えずやったら顔にかかった。うぷっ☆
母「フジに肥料やった〜?」あ〜、ウルサイな。「まだだよ」
藤の鉢植えを見れば今度はアリ、うじゃうじゃいたのでアリ用の殺虫剤を使う。
再びチューリップの黄変した葉っぱを切っていくと、アラビアンナイト(ラベンダー)の根もとが雑草で埋まっているのを発見。ぎゃ〜、取らねば!バラのトゲに引っかかりながら、足場を確保するのも難しい花壇の奥へ。近くにバラを何株も植えているため、その肥料を横取りして雑草が巨大化。手当たり次第にむしり取る。デイジーとラムズイヤーも、たくさんあるからいいや。混雑し過ぎ、虫の住処になってしまう。ふと後ろを振り返れば、イチハツの花が雨で・・・。くっそう、切ったる、切りゃいいんだろ〜!これでカゴ四杯分が堆肥行き。
やれやれ、もう止めよう。手袋と剪定挟を洗って・・・と思ったら、一番手前の花壇のチューリップが、見過ごせないほど汚く。しょうがないのでザバサバ抜き取り(あっ、ここ、お礼肥えすんの忘れてた。。。)、雑草や枯葉もついでに取って、結局五杯目を捨てに行った。ふ〜〜〜。

肥料やりは明日に回しました。え〜と、藤の鉢植え、一番手前の花壇のチューリップに、シャクナゲの木とそれから・・・球根ベゴニア二鉢、これは化成肥料。ローズマリーも一鉢、花柄摘みが終わってなかったっけ。
まあこんな感じで、毎日待って貰えない作業に追われとります。チューリップ、ほんとは葉っぱが黄色くなる前に有機肥料(堆肥など)をあげて下さい。今年は雨が多くてさ〜、遅れちゃった。庭仕事はとにかく、キリがないのぅ☆うあっ、また雨が降ってきやがった!!(泣)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
へなちょこ庭師の日常・5月 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる