天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS ラベンダーの収穫

<<   作成日時 : 2006/07/09 23:24   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

7がつ9にち 朝からずっと霧雨
この一ヶ月 ほとんど霧が晴れず

画像


アスチルベ、ピンクはうどんこ病がつき易い。殺菌しないと葉っぱが真っ白に。

毎日雨ばかりで嫌になりますが、うちの庭は今ラベンダーがまっさかり。
原産地は確か地中海沿岸。乾燥した気象に適しているので、梅雨の時期は苦手。こう雨ばかり続くと、混んでいる根もとあたりから腐ってしまいます。その場合、腐っている部分はもちろん、近くの生育の悪い枝などを切ってすっきりさせ、風通しをよくしてあげましょう。多少スカしたり短くしても、根もとから元気な新芽が出るので大丈夫です。
ラベンダーの収穫は、一枝につき花が2〜3輪咲いたときが目安。緑の新芽が出ているすぐ上から切ります。勿体ないと感じるでしょうが、香りを利用するには充分だし、次々咲いてはすぐ花がらが汚くなるので(もっとも花が咲き揃うのを待たないため、ラベンダーの写真も撮れないんですが。苦笑)。何十本かまとめて吊るし、家の中で乾燥させます。
うちではイングリッシュラベンダー、ラバンジン系、富良野、アラビアンナイト、ピンクラベンダーなどを育てていて、毎日数十本を収穫。地植えの4株はかなり大きく、全部で300〜400本になりそうな感じです。さて、これをどう利用しましょう?(笑)乾燥させたものは一年以上香りがもつので、ドライフラワーとしてトイレや部屋に飾ったり、ハンカチ等をしまった抽斗に入れても、いい匂いが移っていいですね☆バラの花びらや他のハーブと一緒にポプリを作る、ハーブティーに使う、ナマの花をアイスキューブにするなど、色々香りを楽しむ方法があります。

「挿し木のはなし」でも書きましたが、ラベンダーは挿し芽で増やすのが難しい植物です。ローズマリーなどはこぼれ種でも簡単に増えますが、ラベンダーは・・・どうだろう?受粉する前に収穫してしまうため、確かめる術がありません(苦笑)。過度の湿気が一番の大敵、それで根腐れを起こす事はあっても、病気がついた事はないかな。。。袋を残して根っこに入り込む害虫(名前は不明)がつくけど、枯れるほどではないので、見つけ次第穴にノズルを入れ、殺虫スプレーを散布するくらいです。アブラムシも心配要らないし、害虫や病気には強いですね。
鉢植えにするときは水はけのよい用土を使い、できるだけ風通し、日当たりのよい場所に置くこと。株の状態が変わらないのに花芽が出ないときは、日照不足が原因と考えられます。神経質に動かす必要はないけど、雨が続くときや大雨の場合は当て過ぎないよう注意しましょう。生育旺盛で枝が混み過ぎたときは適度に剪定、肥料は春、新芽が伸びてきたらあげれば充分です。冬場の寒さが厳しい地方では、株もとを覆ってあげると安心。もっとも北海道で育つくらいだし(梅雨がないからいいのかも)、寒さにはかなり強い筈ですが☆

画像


コモンタイム、ほっといても嫌というくらい増える(笑)。これも湿気が苦手。年に3〜4回刈り込んであげると、コンパクトな姿にまとまってくれます。

庭仕事は今の時期、花がら摘み、草むしり、草刈に終始します。雨が降ると土も柔らかくなり、雑草を抜くには助かりますが、ずっと同じ姿勢のため、腰や膝、足首が痛くなって。。。殊に草刈は、急勾配の斜面を鎌で刈っていくので大変。大量のブヨに悩まされながら(蚊より数倍タチが悪い、腫れるうえに薬を塗っても痒いのだ)、不安定な足場でボウボウに伸びた雑草を片端から刈りまくる。堆肥に五つくらい山ができます(泣)。ブヨ対策に長袖、ジーンズ姿での作業。当然汗だくになるから、サウナ状態で蒸れる。先日は過呼吸になりかけました。(苦笑)
単調だしキリはないし、そちこち体の痛くなる作業だけど、雑草に覆われてむさ苦しかった庭や斜面がスッキリすると、あ〜、労働したっ!って感じで気分も爽快(笑)。植物は日当たりや風通しがよくなって、また元気に育ってくれます。日頃の運動不足解消・・・とまではいかんが、ふんばる足と鎌を振るう腕には筋肉がつく。う〜ん、貧弱な肉体よりはマシ?(笑)

へなちょこ庭師の日常 7月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい
ラベンダーの収穫 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる