天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もネジバナが咲きました♪

<<   作成日時 : 2006/08/11 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8がつ11にち金ようび
晴れのち曇り 午後から霧がかかる
窓の外の胡桃の木で アブラゼミがジージーと煩し

画像

ネジバナ。「みちのくの しのぶもじずり・・・」という短歌にある、「もじずり」とはこの花だそうです。螺旋状にねじれた花穂に、小さくて可憐な花が下から次々と咲く。近づき過ぎるとピンボケになるため、オートフォーカスのデジカメではこの大きさが限界。実際の花はもっと明るく、華やかな色です。

たぶんどこかから、種で飛んで来たんでしょう。去年の夏、気がついたら他の花を植えた鉢に咲いていました。鉢植えの土はほっとくと雑草だらけになってしまうので、ときどき引っこ抜いてすっきりさせます。ネジバナの葉っぱもそうした雑草の中に、ちんまりと生えていました。何かわからないけど、どうも雑草とは違うな・・・と、そのまま抜かずにおいて正解。螺旋状に咲く独特の形から、ネジバナとわかりびっくりしました。ラン科とわかってみればそれらしい葉っぱをしてるんですが、まあ草むしりも長年やってると、カンが働くようになるんですね。(笑)
鉢植えの土に芽を出して咲く事は、うちの庭に限らずよくあるようです。ところが可愛いからと掘り起こし、別の鉢に移したらなかなか上手く育たない。ネジバナは山野草で、実はけっこう管理が難しいらしいんです。うちのネジバナも春に新しい蜂へ移したら、何となく元気がなくなり、葉っぱの先から枯れてきました。梅雨が長く雨量も多かったので、根腐れを起こしかけているのかもと、慌ててインパチェンスを三株まわりに植えました。余分な水を吸い上げて貰い、植え替える前の環境に戻そうとしたわけです。考えてみればラン科だもんね。水ゴケに植えたならともかく、そう水分は要らないのでした。(苦笑)
その甲斐あってか今年は花芽を去年より一つ多い三つ出し、花穂もずっと長く育って、4〜5日前から次々と咲いています。ただ一番長い花穂の葉っぱがすっかり枯れてしまい、咲き終わったら株がダメになってしまうのではと心配。でも調べてみると、夏葉は枯れる事もあるそうで。。。小さかったインパチェンスもどんどん成長しているし、秋に新芽が出れば大丈夫でしょう。日当たりと風通しのいい場所に置き、雨を当て過ぎないように管理するといいようです。

画像

ガクアジサイ。これは庭に植えたものでさほど大きくありませんが、裏山の斜面に植えた十数株は剪定していないので巨大化、白、濃いピンク、紫、青の花をたくさん咲かせて見事です。この暑さでそろそろ枯れる花も出てきました。

夏の庭仕事と云えばとにかく水遣り、暑さと陽射しがキツいときは朝晩の二回、根もとにたっぷりかけてあげます。葉っぱがぐったりしているようなら、頭から濡らしてあげましょう。葉っぱや花を腐らせ、病気のもとになり易いので、基本的に水遣りは根もとだけにすべきですが、夏場はすぐ蒸発してくれますから大丈夫。蒸れてしまう恐れがあるので、日中の水遣りはできるだけ避けて下さい。
この時期はまた、ボーボーに伸びる雑草との戦いでもあります。株もとを混んだままにしておくと、害虫の棲み処になったり、風通しが悪いため病気になったりします。丈が長いという事は引き抜き易いという事でもあるので、容赦なく根っこからむしり取るようにしましょう。こいつめ、こいつめと憎しみを込めて片端から退治していくと、スッキリしていいストレス解消になりますよ。(笑)
成長し過ぎて込み合った木の枝を剪定するのも、風通しがよくなるだけでなく、夏場の体力消耗を最小限に防いでくれます。間延びして姿の乱れた宿根草やハーブなどは、地際まで切り詰め、根もとの雑草や枯れた葉っぱを取り除いてあげると、秋にまた元気な新芽を出します。
そして防虫、夏場は虫の活動も活発。アブラムシやアリは見つけ次第専用の殺虫剤で、葉っぱや花を食害する虫は、株の根もとにオルトラン粒剤を撒いておくと、見つけるたびに殺虫スプレーを散布する手間が要りません。但し併用したほうが効果は大。ハマキムシは葉っぱをくるくる巻いて中に納まっているので、見つける度に取って、焼くなり燃えるゴミとして捨てるなりしましょう。堆肥などに捨てると繁殖する恐れがあります。
最後に肥料ですが、暑さが厳しいうちは施してはいけません。葉っぱを落としたり、痩せて元気がなくなった株は、剪定や切り詰め、花を咲かせず蕾のうちに切るなどして、それ以上の消耗を防ぎます。鉢植えならできるだけ涼しい、風通しのよい場所へ避難させましょう。また水のやり過ぎで蒸れている場合もあります。他の鉢より土の乾きが遅かったり、葉っぱが腐っているようなら、他の鉢と離れた風通しのいいところへ移して水遣りを控えること。枯葉や雑草、コケなどがついていたら、取り除いて鉢土の表面をきれいにしてあげます。

ちろりん村では最近、ミンミンゼミも鳴くようになりました。
気温は30℃に届かず、比較的過ごし易い日が続いています。お盆の帰省ラッシュも始まり、普段は静かなこのあたりも、しばしの間賑やかになるでしょう。
私はバラのトゲを、爪の奥深くに刺して抜けなくなるという、器用にもしみったれたケガをしました。右手の人差し指、痛点が集まっている場所なので、ちみちみとしつこく痛い。。。(T_T)
明日また外科へ行ってきます。針で取ろうとしてみたが、先っちょすら届きそうにないし、飛び上がるほど痛くてどもなりましぇん☆化膿して爪を剥がす事になってもヤダしさ。おまけにまたアレルギー性鼻炎がひどく、ティッシュBOXを一箱消費。・・・くっそう、何か地道に不幸だ。(-_-)

へなちょこ庭師の日常 8月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
今年もネジバナが咲きました♪ 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる