天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏越し後のシクラメン

<<   作成日時 : 2006/09/22 01:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

9がつ21にち 木ようび
気持ちのいい秋晴れ 爽やかな風が吹く

画像

秋海棠(シュウカイドウ)、ベコニアの仲間。地植えのまま冬越しし、こぼれ種で簡単に・・・てか、めちゃくちゃ増える(笑)。ほったらかしでOKのラクチンな花。

台風一過で二日ほど暑かったけど、朝晩はめっきり涼しくなりました。もうお彼岸だもんねぇ。うちとこなんか、涼しいを通り越して夜はすでに寒い。ひざ掛けとハロゲンヒーターが欠かせない状態です。今からこんなでどうすんだ。(T_T)
さて人間と同じように鉢植えや庭の花々も、夏の厳しい暑さでバテています。花姿が乱れ、株の元気もなくなっているので、肥料をあげたり植え替えたりして助けてあげましょう。でないと枯れてしまう事があります。
葉っぱが黄色くなっているのは、肥料が足りない証拠。水不足だと萎れてへろへろになります。鉢植えの手入れは、冬越しの後も同じ要領で。

まず鉢土の上の落ち葉や、雑草を取り除く。
枝の伸びすぎたバラやハーブ、夏場にたくさん花を咲かせて姿の乱れたペチュニア、インパチェンスなどは、株をコンパクトに切り詰める。
苔などで汚れている表面の土を、それごとこそぎ落とす。
肥料とオルトラン粒剤(害虫駆除剤)を施す。
木や球根ものは有機肥料、草花は緩効性肥料を目安に。
(ただしナス科の草花は肥料が好きなので、多少強くてもOK)
その上から新しい土を入れて覆う。

これでしばらくすると元気になり、新しい芽をどんどん伸ばします。水遣りしてもすぐ鉢土が乾き、根がガッチリ土を抱え込んで掘れないものは植え替えが必要。春と今頃が適期なので、やり方はまた近いうちに。

画像

コスモス、自然交配でこんなキレイな色と模様に。毎年こぼれ種で足の踏み場もないほど咲くのだが、今年は母が間引きし過ぎてしまったらしく、ほんの一群れしかありません。・・・ちょっとは加減てものを考えてだな、寂しいじゃんか。(T_T)

冬場から春先に咲くだけあって、シクラメンは夏越しが苦手。
逆に夏さえ上手くやり過ごせば、またきれいな花を咲かせてくれます。素人ではなかなか、買ってきたときのように葉っぱの大きさが揃いませんが。(^^ゞ
夏越しの方法は二種類あります。株の状態を見て判断して下さい。

☆葉っぱがすべて落ち、球根だけになった場合
球根に触れてみて下さい。枯れたものはぶよぶよになっています。硬ければ休眠状態にあるので、水を切ったまま日陰の涼しい場所に置くこと。
☆多少痛んだり黄色くなっても、葉っぱがたくさんある場合
風通しがよく明るい日陰に置き、鉢土が乾いたら水遣りをする。
どの花もそうですが、夏の間肥料をあげてはいけません。体力がないため肥料焼けを起こし、逆に枯らしてしまいます。
いずれの場合も涼しくなったら、上記と同じように手入れや施肥をします。ただし休眠した球根については、新芽が出るまで水遣りしないこと。球根が腐ってしまいます。またシクラメンの植え替えは春に行いますが、鉢土から球根がちょっと頭を覗かせるように植えると、深く埋めるより腐りにくくなります。
シクラメンは湿気に弱いので、水遣りのときは葉っぱの上からでなく、根もとにだけかけてあげるとよいでしょう。もちろん梅雨どきは、雨ざらしにしないこと。

画像

種から育てた、八重咲きの松葉ぼたん。これも自然交配で、牡丹色の絞りが入りました。夏の熱い盛りが一番きれいだけど、まだ元気に咲いてます。
相変わらず端っこが切れた写真。・・・ちゃんと撮れよ。(^^ゞ

へなちょこ庭師の日常 9月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは。
 小説置き場のほうで「金色の花びらが舞い散る下で@」を読ませていただきました。
 哀愁漂う始まり方がいいです。僕もFC2の方で小説をあげてるんですが、中々ああいう雰囲気がでなくて。。。。

「胸が痛むほど小さな棺」
という何気なく悲しいフレーズが気に入りました。面白そうなので他のものも読ませていただきます。
からのかみ
URL
2006/09/22 16:32
どもこんにちは、からのかみさん。
ううむ、FC2から二人もいらして頂けるとは。。。へろへろながらも続けていると、いい事があるものだなぁ。(^O^)
小説を気に入ってもらえて嬉しいです。からのかみさんもファンタジーをお書きになるんですね。後でじっくり読ませて頂きますね。
コメントありがとうございました。よろしければまた、いらして下さいませ☆
まもる
2006/09/22 23:58
夏越し後のシクラメン 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる