天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスプレゼントに絵本を

<<   作成日時 : 2006/12/19 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年小2の姪っ子と、もうすぐ5歳の双子ちゃんに贈っている。
今年も一時間半近く、書店の児童書コーナーで粘りました。姪甥思いのいい伯母だからでなく、贈るからには自分が面白いと思う本を・・・という、至極ワガママなこだわりのせいです(笑)。本棚のコヤシになるんだったら、贈らないほうがマシ。
その結果選んだのが、次の三冊。

小2のお姉ちゃんには「命の色えんぴつ」
マスコミにも取り上げられたので、ご存知の方も多いでしょう。
確か10万人に1人の割合という難病にかかり、小学五年生で命を落とした、豊島香純ちゃんという女の子の書いた詩を、その物語とともにまとめた絵本。
香純ちゃんの手書きの詩が、とってもあったかくて健気。素直な気持ちがそのまま、澄んだ言葉になって響く。・・・お姉ちゃんは優しいから、悲しい気持ちになってしまうかな。だけど悲しかったり辛かったりするのも、とても大事な事と思うので。
それと小5の女の子が書いたものなら、姪っ子にとっても等身大の世界かなと。想像力を掻きたてる物語も好きだけど、いろんなものに触れたほうがいいよね☆

双子のお兄ちゃんには「おとうさんはウルトラマン」
これはもう、とにかく楽しい絵本です。
書店で立ち読みしながら、うはうはバカ受けしてしまった。(^O^)
エンピツみたいにヒョロ長い体型のウルトラマンにも笑ったが、文章のテンポがいいし、ユーモアも気が利いている。しかもおとうさんには哀愁が。。。(爆)
私が手もとに置いておきたいくらいでした。
これは他に二冊シリーズが出ていて、ウルトラマンのお父さんがもう一冊、あとはウルトラセブン夫婦(想像するだけではっ、腹がいてぇ!ちゃんと立ち読みすればよかった)♪そういやお兄ちゃんに買ったげた「かずのえほん」も、ウルトラマンだったな。(^^ゞ 書店で見かけたら、一度手に取ってみて下さいませ☆

双子の妹には「河童がついている」
いや、取り憑いているというイミじゃなく・・・。(笑)
「キミにはボクがついてるよ」と使う、「ついている」です。
って、誤解するわけないか。でも河童の話だし。(^^ゞ
私は村上康成さんの絵が好きで、「森へようこそ」のカレンダーなども買っていたんですが、特にお魚と鳥さんがキュートなんだよね♪ほのぼのと愛情を感じる。
村上さんの描く人物は初めて見たけど、何かアンバランスで変わってんの。・・・可愛い、のかな?(笑)うん、何とも不思議な温かい魅力はある。でも河童が、カワイイっぽいのに、河童が・・・ちと怖いかも。(^^ゞ
しまったなぁ。感受性が強くて怖がりなとこあるし、海ちゃん(仮)にはマズかったかも知れない。文章も村上さんが書いたらしく、いいお話になってるので、逆に「河童は怖くないんだよ〜」と理解して貰うと助かる。そう、人を(人じゃないが、笑)見かけで判断しちゃいけません。・・・て、単なるこじつけっスか?(苦笑)
村上さんの絵同様、ほのぼのとして素敵な絵本です。
この人の絵は余白がたくさんあるんだけど、全然気にならないというか・・・不思議といい感じなんだよね。気に入って貰えるとよいが、ドキドキ☆

クリスマスプレゼント用にラッピングして貰い、双子ちゃんの誕生日がもうすぐなので、書店からクリスマスやら年末やらで込むイトーヨーカドーへ。一人だけ貰えないと可哀想だし、お姉ちゃんのぶんも。・・・しかぁ〜し!女の子用の贈り物はいくらでも選べるのに、なぜ男の子用のはコレといったものがないんだ?
さんざ探し回ったものの見つからず、結局今日は諦めました。
もう疲れ果てちゃって。。。(-_-)
半ひきこもり状態も長く続くと、たまたま外へ出たときが辛い。広いフロアやずら〜っと並んだ商品で目はチカチカ、頭はクルクル(苦笑)。夜昼逆転しちゃってるし。マックでハンバーガー(夕食)を買い、通勤ラッシュで渋滞する道をイライラ運転しながら帰ってきました。・・・もう少し出歩かんとな。人間としてどうよ?(^^ゞ
ちなみに我が家では、クリスマスだからと何もしません。
ばーちゃんとオバはんじゃね、サンタは来ないから関係ないの。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
クリスマスプレゼントに絵本を 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる