天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS ベッドを修理した

<<   作成日時 : 2006/12/04 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このベッドはもう、10数年くらい使っているかな。
四角い枠組みに二枚の天板を置いただけの、シンプルな(←モノは云いよう、笑)作り。その上に煎餅布団を敷いて寝ています。柔らかいのは苦手とゆうか、ヘタすっと体調まで崩すんだよね。だからホテルも、あんま好きじゃない。
ビンボー向きの体なんである。(^^ゞ
この天板の一枚、上半身を支えるほうが、何ヶ月も前からヤバい状態になっていた。安っぽいベニヤ板なんで、当然裏に横木が副えてあるんだけど、一本また一本と外れて、板そのものがたわみ出したのね。
このままじゃいつ、夜中にバキッと板が折れるか知れない。びっくりして目覚め、気がつけば床に落ちていた・・・という事態だけはヤダなぁと思いながらも、つい面倒がって放っといたんですが。5本のうち4本まで外れちまっちゃァ致し方ない。
金槌と釘を手に、とってんかんと修理しました。

要するにいい加減、老朽化していたのだね。
天板の折り返し部分が広がり、横木を打ちつけた釘も実に細いものだったので、体重を支え切れず外れたと。しかし天板がたわんで変形し、横木を戻そうとしてもなかなかハマらない。なのでガッツンガッツン、横木を金槌で叩きまくりました。
・・・すげー荒技、木がボコボコに変形したぜ。(-_-)
何とか押し込むと、折り返し部分に釘を打った。天板はぺろぺろの布でカヴァーがしてあるし、そこから打った釘が役立たずになってたんで。。。
大工仕事が初めてとゆうわけじゃない。でも人生で数えるほど。
大体釘を真っ直ぐに打てるんだろうか?と訝りつつ、指を叩かないよう慎重に。曲がったときはその都度修正しながら、なかなかはかどらないのにも珍しく苛々せず打っていくと・・・あら不思議。突然ズコッと、大きく埋ったじゃあーりませんか♪
ここぞとばかりにガンガン叩きまくったら、きれーに釘の頭だけ残して埋没。おおっ、信じられない!平行だ平行だ、曲がってねー!!\(^o^)/
思い切り叩くとストレス解消になるうえ、これって何かカタルシス。(笑)
最後の一本は特に天板の変形がひどく、ボコボコに痕がつくほど叩いても、力の限り手で押し込んでもハマらない。これ以上荒技かますと天板そのものが壊れそうだし、仕方なく数ミリはみ出た状態のまま釘を打ちました。

よし、これで修理完了。さっそくベッドの枠へ乗せてみた。
ところが例のぺろぺろカヴァー、どうもあちこち波打っている。触ってみたらこれ、天板の上から等間隔に打ってあったもともとの釘が、力ずくでハメ込まれたために浮き上がったらしい。・・・ありゃりゃ、やっぱ所詮は荒技。結果こうなる。(^^ゞ
今さらどうしようもないんで、カヴァーの上からガンゴン叩いて黙らせた。
上に煎餅布団を敷けば、多少の凹凸は気にならんよ。(^O^)
神経質なフリして、こうゆうトコは実に大雑把。まぁ何もかもじゃ、生きていけないけど☆ついでにたわんでいたほうを頭へ回し、現在は不気味な感覚で阻害される事もなく、快適に寝られるようになりました。
これであと、最低5年くらいはもってくれないかなぁ。
買い換えるのも金がかかるけど、不要になったベッドの始末が面倒。(-_-)

修理をするのに汚れるからと、ベット下に積もったホコリ(これがよく溜まるんだ、笑)も掃除し、ベットそのものもきれーに拭いたので、暮れの大掃除の手間が一つ省けました。あとねー、換気扇とエアコンも♪夏からそのままだったのを、ようやく掃除してカヴァーをかけた。・・・だってずっと、体調悪かったし。(^^ゞ
問題は窓拭きと、去年サボッた障子の張替え。
やれやれ、12月は私みたいなお気楽者でも忙しい。(-_-)
そういや今日、ちろりん村に初雪が降りました。
さぁ〜むかったあ!1月下旬並みだって。
今年はホラ、何つっても暖冬の予想だから。懲りないよね、気象庁も。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ベッドを修理した 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる