天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS イラスト画像とWordでオリジナルカレンダーを作ろう♪@

<<   作成日時 : 2007/01/12 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

う〜ん、年が明けてから「オリジナルカレンダーを作ろう♪」と云ってもなぁ。。。時期的にどうよ?と思わないでもないが、記事にする事を思いついたときは、すでに年の瀬も押し詰まってたし。あんまバタバタしたくなかったんです。(^^ゞ
まぁ「日々是穴埋記事」のモットーに照らせば全然OK、イラストや写真のストックさえありゃ、ごく簡単に作れるからね。無問題(モウマンタイ)〜♪

さて私は、Word2003 を使っておりまス。なので説明もそれに従いまス。
Wordもバージョンによって操作法や機能に多少の違いがあるけど、注釈をつけられるほど玄人じゃないので、その点はご自分で何とかして下さいね。(^O^)

カレンダーをどうするかは次回として、今回は縦長、横長両方のレイアウトを説明します。まずは新規文書を作成。それからメニューバーの「ファイル」→「ページ設定」とクリックして、ダイアログボックスを表示させ、「用紙タブ」を選択します。
初期設定はA4判になっていますが、大き過ぎてもインクを消費するし(けっこうお高いので、インク代もバカにならない)、あまり小さいとレイアウトが面倒なので、私はB5にしました。出来上がりはこんな感じ。↓

画像


これは用紙を横長に使った場合のレイアウトですね。
縦長のイラストを使うときは、用紙を横長にしたほうが簡単できれいに収まります。「余白タブ」の「印刷の向き」で、「横向き」をクリックして下さい。初期設定になっているので、縦長を選ぶ場合は特に設定する必要はありません。
二ヶ月を一枚とした計6枚のカレンダー、つまりイラストも6枚必要です。そんなに新しく作る気力はないので(笑)、あり合せのものを使いまわしたため、我ながらあまりパッとしないデザインだけど。。。まぁそのへんはご容赦。(^^ゞ

次は背景。色での塗りつぶし、画像もしくはテキストでの透かしが入れられます。私はPhotoshop Elements で作った画像を使いました。
「書式」→「背景」→「透かし」と選択、表示されたダイアログボックスを見ると、「なし」にチェックが入っている筈です。まず「図」にチェックを入れ、「図の選択」ボタンをクリックして、「マイピクチャ」から使う画像を選択しましょう。
大きさは自動で入りますが、気に入らなければ三角ボタンでポップアップメニューを表示させ、適当と思うものを選んで下さい。上記画像は100%にしました。
なお初期設定では、「にじみ」という項目にチェックが入っています。これは背景の画像を薄く、白っぽくする効果。上記画像ではこの「にじみ」からチェックを外しています。Wordの編集画面ではこの場合も色が薄く表示されますが、おそらく背景を濃い色にすると、文字が見えにくくなる事を考慮してのもので、印刷では元画像の色がそのまま出ます。
なお用紙の向きや段組は同一ファイルで変えられますが、背景はすべてのページに影響します。変えたい場合は新たに別のファイルを作成して下さい。

イラスト画像とカレンダーの表を並べてレイアウトするには「段組」を使います。メニューバーの「書式」→「段組」とクリックし、表示されたダイアログボックスから「二段」を選べばOK。私は左側にイラストを配置したので、まず画像を挿入します。右に配置したい場合は先に表を挿入、カーソルを右の先頭行へ移動させてから画像を入れて下さい。
画像は「挿入」→「図」→「ファイルから」で、「マイピクチャ」の中から使うイラストを選択、挿入します。大きさは自動的に調節されますが、気に入らなければ画像をクリック、アクティブにすると、四辺や四隅などで矢印が表示されるので、ドラッグ&ドロップすれば変えられます。縦横比を保ちたいときは、shiftキーを押しながらドラッグしましょう。画像処理ソフトや年賀状作成ソフトなどと、この点の画像の扱いは同じですね。

画像←これは用紙を、縦長に使った場合のレイアウト。横長のイラスト向き、横長の用紙を使っても勿論構いませんが、あれこれ調節しなくとも簡単に収まります。
横長の場合と同様に背景を設定した後、ツールバーの「中央揃え」ボタンをクリックし、まず「2007Calender」とテキストを入力、フォントは「Comic Sans MS」を使いました。「中央揃え」のままイラスト画像とライン画像を挿入、横長の用紙では文書の先頭で設定した「段組」を、ここから始めるように指定します。
ダイアログボックスの一番下、「設定対象」という項目のポップアップメニューから、「これ以降」を選び、段数を二段にすればOK。これでカレンダーの表を、イラストの下へ左右に並べて表示できるようになりました。

なお例としてご紹介した画像は、一旦プリントアウトしたうえスキャナから再びパソコンに取り込んだものです。Wordの文書ファイルはWeb編集にするとレイアウトが崩れるので、画像ファイル、つまり写真に変換しました。他に適当な方法があるかも知れないけど、探すのが面倒臭いし、これが一番手っ取り早いから。。。(^^ゞ
アップロードのためファイルサイズをかなり縮小した結果(B5のままではブラウザで見ると巨大、笑)、画質も悪くなっています。カレンダー表の線が一部細くなっていますが、Wordで作成したものは同じ、プリントアウトした現物にも問題はありません。とりあえずレイアウトの感じがわかればいいかなと。(苦笑)
よく見えない場合は画像をクリックしてご覧下さい。拡大画像が表示されます。

次回はこのレイアウトに入れる、カレンダーの表について説明します。既存のカレンダーを見て手動で表を作る、という地道な方法もありますが、私はExcelで計算した万年カレンダーを使いました。といっても、自分で計算する必要はないんですよ〜。私もExcelでできる事といったら、せいぜい足し算と引き算くらい。(^^ゞ
詳しい事はまた近いうちに書きますので、よければご覧下さいませ♪

イラスト画像とWordでオリジナルカレンダーを作ろう♪A

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イラスト画像とWordでオリジナルカレンダーを作ろう♪@ 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる