天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS 福寿草が咲いたよん♪

<<   作成日時 : 2007/02/02 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2がつ1にち 木ようび
どんよりと曇り 午後から氷雨のち雪
昨日と打って変わって気温低し

画像

福寿草。曇ると花を閉じるので、陽射しの中でしか撮れない(苦笑)。近くで見ると黄色というより黄金色です。花びらがツヤツヤしている。暖かな陽気に誘われたハチが、たまたま止まっていました。今年は虫も越冬し易かろう。(^O^)

一週間ほど前から福寿草が咲き始めました。
写真を見てもわかるように、地中からいきなり花芽を出して咲きます。花が終わると灰色がかった緑の葉っぱを出し、徐々に葉数を増やしながら背が高くなる。といってもせいぜい、10cm前後ですけどね。レースみたいに繊細な葉がきれいです。
しかしこの、花首だけ出して咲く姿。毎年見ていても慣れないつぅか、妙な感じですねえ。砂に埋って首だけ出してる海水浴客みたい。(笑)
リコリス(ヒガンバナの仲間)やイヌサフランなども花だけ咲きますが、これらは結構茎を伸ばすので。花期と葉を茂らせる時期が異なっている、という珍しさもありますね。福寿草は何しろ、寸詰まり加減が堪らんとです。(^^ゞ
地下茎(根っこかな?)を伸ばして増えるらしいけど、たまにこぼれ種でも芽を出します。ただし花を咲かせるまでかなり時間がかかる。最初はほんとにちみちゃい葉っぱが出るだけなので、印でもしておかないと忘れてほっくり返したり・・・。
実は離れたところにせっかく芽吹いたのを(三年経ってもほとんど成長しなかった、笑)、チューリップの球根を植えるときほじくり返し、行方不明にしてしまった粗忽者です。あうう。だって何の痕跡もなかったもーん!葉っぱのない時期だったし。。。ミリ単位はちっちゃ過ぎだって。根っこだけじゃわからん。(T_T)

ちなみにチューリップの球根は、健闘虚しくだいぶ野ネズミに齧られました。
石灰窒素のおかげでモグラはトンネルを掘らなくなったが、柔らかな土を入れたのと、霜柱が毎朝のように立ったため、野ネズミでも何とかなったらしい。
地上から開けたちっちゃい穴が、毎日いくつも発見される始末。。。(T_T)
なので今年は、チューリップの花が少ないでしょう。野ネズミとの闘いはまだまだ終わりそうにありません。・・・くそう、新たな手を考えねば。

画像

冬バラ二輪。イングリッシュローズの「ブラザー・カドフィール」です。暖冬のせいか、例年より立派な花を咲かせました。撮影は1月下旬。冬場に室内で、しかも夕方・・・考えるまでもなく光が足りん。フラッシュじゃきれいに写らないとわかってるのに。トホホ☆

11月に庭植えのバラの剪定をサボッたので、枯れ込んだ枝や混んだところだけでも、できるだけ早くやらねばならん。。。(-_-)
ほんとは晩秋のほうがいいんだけどね。余分な枝を切っておけば、冬場の寒さを乗り切るのに体力を温存できるし、春先だとすでに新芽が膨らみ始めているので。今年なんか暖冬だから、特に早いだろうな。やっぱ形を整えるだけにするか。
問題はつるバラの剪定と誘引。・・・面倒なうえ寒くてヤダ。(←ワガママ)
でもやんないと、細い枝からたくさん葉っぱが出て乱雑な姿になるし、病気だの害虫がわんさか取りつく。細い枝にはほとんど花芽がつかないので、大体すべて落とします。あとは枯れ込んだ枝や混み合ったところをすっきりさせる。
誘引はその後、勢いがよく太いシュートを、アーチやトレリスなどへ横向きに括りつけます。上へ伸びた新芽に花芽がつくので、そうすると花数が多くなるんですね。うちのつるバラはアーチに絡めてあるため、高いハシゴに登って作業しなければなりません。冷たい風で手がかじかむんだ・・・細かい作業だから、手袋するとやりにくいし。寒いのヤダ。自律神経ボロボロで、一旦寒気がするとなかなか治らないのに。(T_T)
もしかして今年の初夏は、つるバラが藪みたくなってるかも知れません。(^^ゞ

画像←「金の成る木に花が咲く」で触れた、花の咲きにくい金のなる木(笑)。お天気がよかったので外に出し、頭から水をかけたところです。室内にずっと入れておくと、葉っぱに埃が溜まっちゃうんですよね〜。(^^ゞ
例によってフレームに全体が収まり切っていません。ほんと悪いクセだよ。(タメ息)
花が咲かなくても、これだけ立派に育ってくれりゃ文句はないつーか。重くて持ち運びが大変だけど、妙に可愛いヤツです。花を咲かせないぶん、栄養が株の成長に回るんですね。だから咲き易い品種のほうは株がコンパクト。
挿し芽で簡単に増やせます。水はけのよい土に枝の先端を挿すだけ。多肉植物なので、一週間は水遣りしないようにしましょう。でないと腐ってしまいます。たまぁーに水をやって、後はほったらかし。これでほぼ確実に根を出してくれる。
この株もそろそろ、植え替えしないとなー。3〜4年は経ってるし、根っこがぎゅうぎゅうに回っているかも。金の成る木の根は細くて柔らかいから、普通あまり苦労はないんですが。陶器の鉢って見栄えはいいけど、プラスティックのように変形しないうえ、形が丸みを帯びていたりするので、長く植えておくと取り出すのが大変になります。最悪の場合、カマを刺し込んで根っこをザークザク切る。(^^ゞ
株がデカくて重いから、力作業になる事必至ですね。

画像

もう一発福寿草。クローズアップで見ると、ほんとにキレイな花ですね♪まだまだ気温が低く風も冷たい時期に咲くけど、毎年もうすぐ春だなぁと実感させてくれます。・・・去年は遅くてねぇ、とにかく寒さが厳しかったから。

水仙はすでに芽を出し、このぶんだともうすぐ花芽を持ちそうな気配。
沈丁花の蕾も膨らみ、淡いピンクの色が出てきました。しかしコブシの花は・・・まだ蕾だというのに、ヒヨドリにつつかれて被害甚大。
おのれぇ〜、うちの庭はおまえらの餌場じゃなーい!(怒!)
役に立ってくれるのは雀だけです。ぎっちょんぎっちょんに剪定したモクレンの(そりゃもう哀れな姿に、苦笑)裸の枝から、まん丸に膨らんだ寒雀が庭へ舞い降りて、隠れている虫なんかを食べてくれる。
かぁわいいよ☆爆弾投下するみたいに、連続してボタボタ下りてくの。(笑)
庭のあちこちに春の気配。もうすぐ寒くて暗い冬も終わりです。
・・・と思って頑張ろう。(^^ゞ

へなちょこ庭師の日常 2月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福寿草が咲いたよん♪ 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる