天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS イングリッシュ・ガーデン風?「秘密の花園」

<<   作成日時 : 2007/06/14 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

作者はオルコットでしたかねぇ、「小公女」とか書いた・・・。違う?
しごく健全で心温まる、子ども向けの小説なんですが。
このタイトルから邪な想像をしてしまうあたりが、スレた大人の哀しいところ。(笑)

それはともかく、うちの庭も「秘密の花園」です。
海と山に囲まれたド田舎の、道路から引っ込んだ場所にあるので、ほとんど誰も見に来ない。。。せめて写真だけでも、ブログにUPしましょーか☆

画像


バラは白地に牡丹色の絞りがボローニャ・ディ・バリエガタ。真ん中がマダム・イザーク・ペレールで、挿し木から増やした株。もとの大株はノバラの根に接木したものを購入、そのぶん丈夫で生育旺盛だけどお高いっス、今は買えません。(^^ゞ
赤いバラは品種不明のモダンローズ。その陰にはハーブのアルケミラ・モリス、変わり咲きの芍薬も写ってますね。
・・・うあっ、水撒きホースとピンクのバケツが!(恥)
土地がわずかに傾斜してるので、セメントの飛び石が長い間に移動。面倒だから直さずにいる(苦笑)。奥に見える椅子は980円の超特価品に、茶色の塗料を吹きつけたもの。外に置いてたらハゲてきた。って、なぜバラさずにいられないんだろ?(^^ゞ

画像画像

もし画像の端が切れてたら、クリックして拡大表示のうえご覧下さい。m(__)m
手間をおかけして申し訳ないですが。。。
左は上の写真と同じ方向を、ちょっと違う角度から撮ったもの。偶然雰囲気のある一枚になりました。右は反対の方向から。背の高い白バラが奥のほうにありますね。二つ並べてみると、光線の具合による明るさの違いが顕著で面白い。
続けて撮ったので時間的には変わらないし、露出補正もしてないんだけど。
花園というからには、できるだけ多くの花を収めたいところですが、そればかりこだわると構図的によくなかったり、花の美しさが引き立たなかったりしてなかなか難しい。ボロの見えるところは、できるだけ隠したいですしね〜☆^m^

画像


構図的にはもっといい写真が二枚あったんだけど、ベンチのズタぼろ加減と雑草が生えた地面の汚さに負けてこちらを選択。
ベンチの背後で群生してるのは、こぼれ種から勝手に育ったポピー。昔コンポスターを置いてたせいか、特に肥料をやらなくとも巨大化してます。(笑)
このベンチは1980円、特価からさらに値引きしたものをゲット!こんなハゲらかしちゃダメだよなー。茶色の塗料は確か、700〜800円の間。秘密のというより、ニセの花園?(ケタケタ☆)・・・ま、主役はあくまでバラですから。(^^ゞ
支柱やビニール紐が見苦しくて申し訳ない。つるバラや枝が細い株に、花びらぎっしりの花がたくさん咲いちゃうと、どうしても重みを支えきれないもので(タメ息)。緑の紐を使えば目立たないんだけど、アーチのつるバラで尽きた。。。(T_T)

画像画像

左は今年咲いたイングリッシュローズのブラザー・カドフィール。すっげ大きいの、直径18cmはあります!も少し花数が多いと嬉しいのだが、幹が片方枯れちゃったからなぁ。右の写真にはかなり遠いのでピンボケしてるけど、右上のほうに海が写ってます。そう、自分ちの庭から海が望めるんですね〜。まー、ゼイタク♪
・・・気がついたらバラの写真ばっかだ。タイトルは「秘密のバラ園」が正解?

画像


てなわけで、申し訳にポピーの写真(笑)。ベンチの後ろに咲いてるヤツです。この左手にマダム・イザーク・ペレールの大株がある。裏山へ続く斜面に植えてあるのだが、軽く2m以上シュートを伸ばしているため、花壇に覆い被さるように咲いてます♪

今日は空がどんより曇っていて、さすがに予報通り雨が降りそうだったし、水遣りは鉢植えだけにしておいた。んで、今しとしとと振っているところ。
久しぶりにまとまった雨で助かりました。チューリップの球根を掘り上げてるとこなので、体力的にかなりキツいのだ〜。バラの花がら摘みも欠かせないし。(-_-)
まぁ雨が少ないおかげで、例年になくきれいなバラが楽しめるんだけど☆

ではそろそろ、こんなとこで。。。
画像が多くて表示に時間がかかったらごめんなさい。m(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいお庭ですね〜!☆広いしお花もいっぱいだし、おまけに海まで見えるとゆー素晴らしいところですね〜! お手入れが大変そうですが、羨ましい限りです。
まるみ
URL
2007/07/10 14:07
ども、コメントありがとーございます☆m(__)m
はい、バラの世話は確かに大変です(笑)。毎日十数か所も引っかき傷を作ってしまうし、ちょっと放っておくとすぐ、病気や害虫で葉っぱがボロボロに。。。(-_-)
「おまえら、一人で生きられんのか!」と文句を云いつつ、やっぱり見事に咲いたときの美しさに負けてしまいますね。まあ幸せなんだと思います。(^^ゞ
まもる
2007/07/10 14:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イングリッシュ・ガーデン風?「秘密の花園」 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる