天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS ハナミズキ

<<   作成日時 : 2008/05/14 15:20   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

例年になくハナミズキがキレイなので、久しぶりにデジカメで撮ってみた。
去年はろくに花をつけなかったから、そのぶん力を蓄えられたかな。

画像

すっげー色が鮮やかでしょ?いつもはもっとうすーいピンクなの。
でもこれは、花が咲いた状態ではありません。ピンクの花びらに見える部分はガクで、ほんとの花は真ん中に寄り集まっているちーちゃいの。クリックして拡大するとわかりますが、まだ蕾です。・・・うーん、これって何度も書いた気がする。同じ話ばかり繰り返すのは、年をとってきた証拠ってか?(^^ゞ

画像

んでこれが、もうちょっと引いて撮ったところ。↑
背景の左上隅にあるのはハナカイドウ、枝越しに見えるのはシバザクラ。これを書いている時点では、どちらの花も終わりかけています。
ハナミズキは桜や梅と同じように、春にまず花が咲いてから若葉が出る。気をつけて見ると写真でも、花芽のついていない枝先に若葉が開いていますね。地植えにすると巨大化してしまうので、うちでは鉢植えにして、私の背丈よりちょっと高いくらいの大きさで育てています。

画像

これはオオデマリ。白い花として知られていますが、咲き始めの頃は写真のような黄緑色をしています。それからクリーム色→透き通るような白、と変化する。
害虫に好かれる木で、花が白くなった頃から食害が目立つようになり、葉っぱが穴ぼこだらけにされて汚くなります。花が鞠のように丸く固まって咲くという共通点があるだけで、コデマリとは全然違う木。

画像

花びらに白の絞りが入った八重椿。品種名は忘れてしまいました。(^^ゞ
写真には写っていませんが、葉っぱも黄色の斑入りです。
椿というと冬の花のイメージだけど、うちあたりでは今頃が満開。椿は日当たりの悪い場所でも咲くので、こんなきれいな花なのに、庭の奥まった、目立たない場所に植えられている(苦笑)。蕾がまた、ぷっくり丸くて可愛いんですよ。(^O^)
やたらめったら花数が多くて、毎日といっていいほどバケツに一杯花がら摘みをする。確かに散るというより、潔くボタッと落ちるんですが、落下する間に花びらがバラバラになるため、摘まずにいると結局は根もとが汚くなってしまうんです。見ると聞くでは大違い、嬉しい悲鳴でもありますな。

画像

うちに上がってくる坂道のシバザクラ。↑
毎年写真を出してますが、やっぱキレイなので。(^^ゞ
自然交配が進んで花色や形の微妙に違う花がたくさんできるのはいいんだけど、どうしても濃い花色が少なくなってしまうので、年を追うごとに全体の色がぼやけた感じになるのが悩み。
今年は冬が厳しかったせいか、いつもよりずいぶん枯れてしまいました。

この時期は庭仕事がたくさんあるのに、このところの肌寒い気候で自律神経は調子が悪いし、アレルギー性鼻炎もひどく、なかなか外へ出られません。家の中にばかりいると、視神経なのかそれを調節する脳の神経なのかわからんが、距離を上手く合わせられなくなるらしくて、外で作業するときどーも頭がグラグラして困ります。引きこもりは精神的にだけでなく、体にも悪影響がありますなー。(-。-)y-゜゜゜
ま、明日からはまた温かくなるそうなので。・・・いきなりガツンと、「暑く」ならなきゃいいがー。せっかくキレイに咲いている花も、あっという間に終わってしまうだよ。(T_T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
ハナミズキ 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる