天使のたまご

アクセスカウンタ

zoom RSS めまいは疲労のせいだけじゃないかも?

<<   作成日時 : 2008/06/25 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日「小青竜湯」を買うとき、薬剤師さんに聞いたのですが、これは他の鼻炎用内服薬と併用しちゃいけないそうです。なんでかというと、
小青竜湯に含まれている「マオウ」と、
他の鼻炎用内服薬の成分である「塩酸フェニレフリン」は、
ともに鼻の通りをよくする働きがあるのだが、同時に高血圧、心臓病、糖尿病、緑内障、甲状腺障害などの病気を悪化させる恐れもあるから。
併用するとこの危険性が倍加するってわけ。
家に帰って薬の注意書きをよく読んでみたら、確かにこれらの病気の診断を受けた人は、服用しないようにと書いてありました。
でもなー、わしゃ高血圧どころか、筋金入りの低血圧だし・・・。他の病気もなったことがないから関係ないや!とかって、ろくに注意しませんよね。フツー。
ただそう云われてみると、一番めまいのひどかったおととい、すぐ治まったんだけど、二度ほど心臓が苦しくなったというか、圧迫感みたいなのがあって・・・。うーん、眩暈も唐突だったしなぁ等々、思い当たるフシが。(^^ゞ
それに高血圧の人って、眩暈がするらしいですね。
人生ずーっと低血圧だったからねぇ、そんな可能性は思いつきもしなかったわ。

ただしこれは、あくまで可能性の話。
もう一度飲んでみれば確かめられると思うけど、またあの眩暈に襲われたらやだもーん。一回経験すりゃたくさんだって、あんな気持ち悪いめまい。血圧も一応測ってみましたが、111-64と私にしては高めながら、具合悪くするような数値とは到底思えないので。
併用は止めて、小青竜湯一本にします。あと「塩酸フェニレフリン」が含まれていないという鼻炎薬も買ってきたので(薬代だけでどれだけかかるんだ・・・しくしく)、症状の重いときはそちらを試してみようと思う。ちなみにその薬は、エーザイの「スカイナー鼻炎N」です。その成分が含まれてないのはこれだけなんだって。
しかしこうしてみると、高血圧の人って大変なんだなぁ。
低血圧も年中ダルいし疲れ易くて、それなりに辛いんですけどね。(^^ゞ

もし薬のせいだったとしたら、疲れが溜まっていたところに飲んだから体に負担がかかったのか、それとも連用していたために成分が蓄積してしまったかでしょう。
小青竜湯は効き目が軽いので連用してもさほど害はないらしいが、他の鼻炎用内服薬は避けたほうがいいようです。
そんなこといわれてもー、わしゃ慢性のアレルギー性鼻炎なのにぃー。(T_T)
医者なんか嫌いだ、副作用の話をしたってどうせバカにされると意地を張るのも、そろそろ限界ってことかなぁ。やっぱ素人解釈は危ないですだ。あー、ヤダヤダ。
今回教えてくれた薬剤師さんが云うには(併用していた薬を買ったのとは別の薬局、そちらの薬剤師はそんな注意をしてくれなかった・・・)、勝手に用量を減らすのはよくないとか。そんなのさんざん云われとるわー!だからって用法を守ったらなー、とんでもないことになるんだぞー。今回だってもし薬のせいなら、人様の1/3〜1/6の用量で症状が出てるわけやん?鼻炎の症状が治まる代わり、死体同然でぶっ倒れてなきゃいかんじゃないか。
日常生活ができません。ムリ、守れない。
この記事を読んだ方、私はあくまで自己責任でやっとります。こんなふうに書いたからって、それでいいと思わないで下さいね。当たり前のことながら、自分の体には自分で責任を持つように。その当たり前がわからない人が多いので、いちいち書かなくてはならないんですが。。。


今日はだいぶ眩暈もよくなりました。
まだちょっと頭がふらふらして、目も遠近感がわからんのですが・・・昨日おとといに比べれば全然マシ。液体カプセルを飲んだ日が一番ひどかったし、やっぱ強いのかもなー。おっと、確かめられないことを事実のように書いてはいけませんね。
とにかくそういう可能性もある、ということで、鼻炎薬の服用には気をつけましょう。
関係ないけど、羞恥心の「泣かないで」が明日も7-11に届かなーい!
おかげでフジメロの着うたフルを、ついダウンロードしてしまったじゃないかぁー!
散財と知りながら、なぜこの二、三日が待てないのだろう。。。(T_T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
めまいは疲労のせいだけじゃないかも? 天使のたまご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる