苦しい試合だったあ!~WBC決勝戦・日本が連覇

もー、しんどい。ただ見てるだけなのに、メチャクチャ疲れました。(-_-)
心臓バクバクで見てらんなくなって、何度も他のチャンネルへ回したり・・・。
九回の土壇場で追いつかれたときなんか、岩隈は「これが野球だと思った」と云っていたけど、つい「だから勝てる監督を選べと云ったろう!」と叫んでしまいました。(^^ゞ
それにしてもイチローはスゴい、あの状況で打順が回ってくる巡り合わせもだが・・・いや、もう言葉にならないですよ。感服しました、改めて脱帽です。
それしかないだろ、実際?(笑)

実を云うと、決勝戦の先発メンバーを聞いたときから「なんで?」だったんです。
韓国の先発ピッチャーがいくら左のポン・ジュングンだからって、チームに急遽合流したばかりで、試合にほとんど出ていない栗原を使う?ここは稲葉でしょう、そのほうがまだ可能性がある。
城島の四番も解せない、ポン・ジュングンに今まで4の3と当たっていることを買っての起用らしいが、城島ってけっこうダブルプレーが多いんですよ。
相性のよさを活かしたいなら、ダブルプレーより三振のほうがチャンスは残るわけだし、四番を小笠原、五番に城島、六番稲葉と並べればいいだけなのに。やはり小笠原が左だからなんでしょうね。そのあたりのセオリーや数字にとらわれ過ぎというか、監督としてあまり融通の利かないところが、よりによってこの大一番で出ちゃったかーと思うと、多少イラッと来ました。(^^ゞ
そしたら案の定、せっかく岩隈が期待通りのピッチングで相手打線を抑えているのに、何度もチャンスを作りながら最少得点しかあげられない展開が続いた。
こんなことをやっていたら、そのうち韓国に追いつかれる。絶対このまま終わる筈がない・・・とハラハラしどおしだったところに、わずか一点差で九回にダルビッシュが登板。本来なら抑えの藤川といきたい場面だが、今回のWBCはフォークの落ちが悪くて今イチの出来なので、一発が怖いと思ったんだろう。それはわかるんだけど、どんなキツい状況下のマウンドもビビらない代わり、ダルビッシュには気合入り過ぎでコントロールの乱れる恐れが・・・。
よく同点で凌いだものです。最後には渾身の球を投げて打たれたならしょうがない、終始日本に押されながら一点差で耐え、この状況を作った韓国が天晴れ、本当に強かったということなんだから、そう思いながら見ていました。
終わってみればお互い死力を出し尽くした、世界一を決めるに相応しい試合となりました。おまけに優勝できたんですからねー!ほんと、最強のメンバーだ!\(^o^)/

MVPが松坂だったのはご愛敬。
岩隈か青木、でなけりゃイチローでしょ。ちゃんと日本の試合を見ていれば。(^^ゞ
采配については原監督も自覚していたようで、「いい監督ならもっと得点をあげさせられていたでしょうが」とコメントしていました。負けたときのバッシングを恐れて引き受ける人がいない中の監督就任、相当なプレッシャーを感じていた筈だし、原さんもきっと大変でしたよね。色々とあげつらいましたが、要するに勝てばいいので(そう云ったドミニカ・チームは一次ラウンドで消えた、笑)今はごくろうさまと労いたいです。
最後に試合結果。(←最初に書けよ)
第二回ワールド・ベースボール・クラシック、日本対韓国の決勝戦は、延長十回を戦う激闘の末、日本代表が5-3で韓国代表を破り、前大会に続き世界一の栄誉を手にしました。いやー嬉しい、ほんとにおめでとぉー♪
プライドの勝利だぜ、イチロー。(^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0