テーマ:太陽の東月の西

マラメアの海賊・その112

 ザカリアは少年が、切れかかった静索を修理しようとメインマストに登り、一番高い帆桁から落ちたと説明した。そもそもその静索は、誰かの手で切れ目が入れてあったらしいこと、ヤードに繋ぐ金具も油まみれだったこと。調べるうちに今度は足場のロープが切れ、大波で揺れる船から海中へ落下したこと・・・。何とか途中で動索を掴んだものの、金具についていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その111

「荷物の中身は確認済みと云ったな。二人とも見たのか?」 「いや。カシムは身体検査にご執心だったし、覗こうとしたときもサィードが見せなかった」 「ふん、それで騒がしかったのか。サィードは理由を訊いたか?」 「そういう事かと云っただけで、すぐあなたに取り次いでくれたが?どうも彼は、わたしが再び現れると確信していたらしい」 「財宝を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その110

「ああ、これは関係ない。お袋の形見で、さらわれたとき身につけていたものだ。淫乱で身勝手な女だったが、家柄だけはよかった」  イヤリングを指先で弾いてキラキラと光らせ、元海賊の女は薄く微笑んだ。おそらく家柄だけではあるまい。ベリルの切れるような美貌を眺め、ガレリは思った。彼女に引き継がれたその容姿のせいで、母親はヴァザラックに見初められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その109

 その言葉にベリルは、遠慮なく楽しげな笑い声を響かせた。ベットを軽く軋ませて座り、身を乗り出しながら近々と船長の顔を覗き込む。 「まさかわたしが、あの坊やの女房に?・・・それはないな。まあアスールが望むなら、初めての女になるくらいは構わないが」 「ああ、止めておけ。アスールみたいな男に惚れたら、これでもかってくらい幸せにされるぞ。お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その108

 ウィンダミアのディオル金貨ではない。刻まれた意匠や純度から見て、おそらく7~800年前にヘザヴィで鋳造されたものだ。希少価値も含めれば、ディオル金貨のほぼ二倍に相当するだろう。当時沈没した船団の残骸がラドローの沖合いで発見され、200枚以上の古代金貨が引き上げられたのは・・・一体何年前の事だったか?ヘザヴィへ輸送する船が途中で襲われ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その107

「船長に客です、通しても構いませんか」  入れという答えに、サィードが扉を開ける。ベリルの胸もとに荷物を押し付けると、彼は顎をしゃくって船長室の中へ通した。 「剣は預かっているし、荷物の中身も確認済みです。身体検査ならカシムが、執拗なまでにやりました。船長に何か話があるそうなので」  いかにも事務的な口調で伝え、おざなりに頭を下げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その106

「また会えたのは嬉しいが、一体どういう風の吹き回しだ?その重たそうな荷物は?アスールに話でもあるんだったら、ちょうど出かけて・・・」  なおもぺらぺら喋りそうな口へ、ベリルが指先をあてて黙らせた。その目を覗き込んで、うっすらと蟲惑的な笑みを浮かべる。 「ザカリア船長に話があって来た。アスールはいなくてもいい」 「・・・せ、船長に?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その105

 その日の昼下がり、洗濯物の翻る下で甲板に寝転がっていたサィードは、タラップがギシギシと軋む音に片目を開けた。重たげな袋を担いで現れたのは、だが、用事で街に出かけている仲間の誰でもなかった。そのくせ何の気兼ねもない足取りで近づき、抜けるような青空を背に彼を見下ろす。細かく編んだ長い髪がはらりと肩から落ち、眩しい陽射しがダイヤのイヤリング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その104

 大きな背中を窮屈そうに丸め、ポーチの床から一つ一つ、無事なグラスの中へ破片を拾い集めている。娼婦らも入り口から次々と顔を覗かせて、興味をそそられたように見やった。いかついが信頼できそうな、確かに見覚えのある横顔だ。 「あら、あの人・・・何度かうちの店に来た事があるわよね?遊んでは行かなかったみたいだけど」  露わな肩先や頬にかかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その103

「なあ、メドック。権力者にとって一人の命は、あくまでただの数字に過ぎない。最初から顔などないし、犠牲にしたところで、掃いて捨てるほど代わりがいる。だがベロニカの子どもたちにすれば、世界中にどれだけ人間がいようと、母親は彼女一人なんだ。別の顔と挿げ替えられるものじゃない。いつか他の女に惹かれるとしても・・・おまえにとって死んだ女房の面影や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その102

「ああ、自慢の奥さんでね。子どもたちも誇りに思っている」  妻の話はしていない筈だが、デーモンは構わず、当然の賛辞とばかりにんまりした。 「医学の知識に関する限り、満足するって事を知らないんだ。それも頼ってくる患者の苦しみを、軽くしてやりたい一心からさ。治療にも研究にも骨身を惜しまない。大半の患者は女子どもなんだが、そういうわけで他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その101

 デーモンは震えるような吐息を洩らした。それから手話で何事か尋ねたが、答えるヘススの手の動きときたら、稲妻が閃くかの凄まじい速さだ。読み取り切れず眉間に皺を寄せ、長官が慌てたように押し止める。滅多に見られない真剣な表情。 「もう少しゆっくり伝えてくれ、ヘスス。それじゃ何の事かわからない。いいか、ゆっ、くり、だ」  自分の手も一つ一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その100

「わたしはバド・キュレグの過去を、今度こそはっきりと見たのです、ブラッドショー長官。ただ一度近づいたときは、その影しか感じ取る事のできなかった・・・記憶の奥底に封じ込められて、正体を見極められずにいたもの。あの男の唯一の恐怖です」 「おいおい。まさかそれが、この俺だって云うんじゃあるまいな?仕事柄物騒な連中にも関わってきたが、そんな奴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その99

「ヘススの障害についてなら、およその見当はついてたよ。多少は知識があるんでね。対処し切れない状況に曝されて不安が昂じると、発作を起こす事があるそうだな?そんなときはおまえが云ったように、ある一定のリズムの音を聞かせると落ち着く。能力の暴走も謂わば、「対処し切れない状況」だからな。・・・それが障害の故だろうと、人は理解し難い行動に対して本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その98

   彼には未来の音しか聞こえないのに?何と云う難問を押し付けてくれるのだろうと、しばし眉間に拳をあてる。デーモンはそれから、何を思ったかシャツのボタンを外し始めた。胸もとをはだけると、ブルブル痙攣するヘススの手首を取り、硬直した指を一本一本開かせて肌に押し当てる。 「耳に聞こえなくても、手のひらで感じるだろう?・・・そう、心臓の鼓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その97

 同時に操っていた手話がふと、懸念を覚えたように止まる。ポーチの床へ座り込んだ先読みの全身が、彼の目の前で、雷に打たれたごとく硬直していたのだ。カッと見開いたまま瞬き一つしない瞳は、単に焦点が合わないばかりでない。覗き込むデーモンの姿、いや、現に存在するどんな事象も映していなかった。代わりに激しく瞬く無数の光が、秒速で現れては消えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その96

「いや、実にザカリア向きの奴だと思ってね。俺は勿論、謹んで辞退したいが。・・・もはや自分の知っている奥方ではない。何度言い聞かせたところで、容易く気持ちの切り替えがつかないか?大方おまえの敬愛の念に妨げられて、ヘススも事態を見誤ったんだろう。おかげで『赤い蠍』から、まんまと出し抜かれる羽目になった。・・・何事もいい面ばかりというわけには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その95

 せっかく説明してやったのに、途中から興味を失くしたらしい。要らなくなった玩具のように彼の足を放すと、レモネードの匂いに惹かれたか、ヘススはポーチを過読みの傍らへ這っていった。 「気になさらないで下さい。ヘススは耳の他にも障害があるのです。少し変わっていますが、人に危害を加えたりはしません」  両手で包んだカップに口をつけ、ごくごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その94

 ふっと溜息をつき、売春宿を取り囲む野次馬が不穏にざわついている事に気づく。表口に到着した護送馬車に押し込むべく、捕縛された犯人らが店の中から引き立てられてきたのだ。拳を振り上げて口汚く罵り、石さえ投げつける野次馬の背中を見ながら、彼はぼんやりと頬杖をついた。阿片の密輸については以前から調査中だ。どんなルートで手に入れたか、厳しく締め上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shall we dance?

着飾って舞踏会にお出かけです。 昔の少女マンガじゃあるまいし、今ドキこーゆうのに憧れる乙女なんていないだろーなぁ(笑)。たまたま参考にできる資料があったのと、いつもアニメのセル画みたいな彩色なので、色塗りに少し手間をかけてみようとこーゆうコスチュームにしてみたんですが・・・。というより、単にとーちゃんのオールバック+燕尾服姿を描きたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その93

 弦をかき鳴らす手を止め、盲目の占い師は淡い吐息を洩らした。おそらくその奥方とやらに、敬愛の念でも抱いていたものだろう。竪琴を膝の上に横たえると、彼は手探りでレモネードの温かなカップを取り上げた。 「・・・悪霊が器を欲しがる事はご存知ですね?」 「さて、ご存知と云えるほどご存知かどうか。15の年まで魔女の押しかけ弟子をしていたし、う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その92

「そりゃ苦労してるからなあ」デーモンが前髪を掻き上げた。 「彼女は16歳のときに父親を亡くしてね。母親もずっと病気がちで、弟や妹たちを養うには身を売るしかなかったのさ。自ら決めた事といえ、やはり人知れず泣いただろう。・・・だがな、過読み。ファニータは自分が辛いときでも、人に与えられるものを持った女だ。憐れむなんざとんでもない、尊敬して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その91

 けらけらと笑う男の胸を、彼女は甘えるように叩いた。グラスへ葡萄酒を注ぐメドックの手が、思わず壜を落としそうになるイチャつきぶりだ。デーモンの傍らに片膝をつくと、ファニータはその太腿へ指を滑らせ、体の重みを預けながらすり寄った。はだけたシャツの胸へしなだれかかり、上目遣いに彼の瞳を覗き込む。どこか悪戯っ子のようでいて、ゾクリとする色気の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その90

「我が娘ながら惚れ惚れするね、男の扱いを弁えている。それでおまえの答えは・・・」 「ヘススの答えです、長官。お供の方は数年のうちに、探し求める女性を見出すだろう。そうお伝えすると満足したご様子で、お嬢さんはそれ以上尋ねたりなさいませんでした。わたしの経験から云って、あの年頃の娘さんなら・・・相手はどんな女性かと好奇心に駆られそうなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その89

「返事には勿論、娘を喜ばせる事ばかり書いてあった。おまけに手渡してくれた定期航路の船乗りってのは、問題の手紙を息子が読む場にも居合わせた男でね。そのときの様子まで聞かされたものだから、娘は嬉し涙が止まらなかったそうだよ。俺も感謝しなきゃならないな」 「わたしは過読みで、お嬢さんの悩みに気づいただけですから」  感謝ならそこで眠ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その88

「しばらく前にふらりと現れて、それからたまに、商売をするでもなくここで竪琴を弾いてるわ。どうしようか迷ったんだけど・・・長官は人身売買の組織ごと、摘発したい筈だって云うから。あたしたちを占ってくれたときは、怖いくらいよく当たったし」 「それで構わんよ。情報をどう判断するかは俺の役目だ。事実彼らの占い通りになったわけだしな?売春宿しか摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その87

「情報をくれた娘もだけど、長官て頼りになる人を知らなかったら、思い切って行動できたかどうか・・・。役人じゃ苦労してきたもの。今は長官のおかげで、お給金をごまかされる事もないし、客の乱暴を訴えても門前払いされなくなった。何より有難いのは、病気に罹ったり堕胎する羽目になったとき、きちんとした治療が受けられる事よ。みんな言葉に尽くせないほど感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その86

「わかりました。あなたの剣はメドックに持たせてやります」  売春宿では部屋へ上がる前に、剣を預けておく決まりになっている。この男も事によっては鋭いのにと肩をすくめ、デーモンはにっこり微笑んでみせた。レイに伴われて扉の向こうへ消える瞬間、ベロニカが名残惜しげに振り返ったからだ。野次馬の好奇の目と竪琴の音色を閉じた窓の外に追い出し、難しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その85

 そっと身を引き離してベットから下りる。靴音も軽やかに窓辺へ歩み寄ると、デーモンは肩で壁に凭れかかり、外の様子を見下ろした。ベロニカの部屋は売春宿の二階にあって、花街の中心から一つ外れた裏通りに面している。手入れの騒ぎを聞きつけて集まったのだろう。そこから何重もの人だかりが覗き込もうとするのを、封鎖役の兵士らが生真面目に押し返していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その84

「俺はデーモン・ブラッドショー、たまたまラルガ州の長官なんぞやっているがね。なに。人のやりたがらない面倒な仕事を山と押し付けられ、上手くこなしたところで滅多に感謝されず、ヘマすりゃ即こき下ろされるって、因果なだけの役職だ。別に畏まるこたぁない」  根はただの女好きだよと、安心させるように笑いかける。なお不安げな娼婦の髪を掻き上げてやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more