テーマ:コラム

アスベストによる中皮腫の死亡率、最大で全国平均の68倍

昨日のマスコミは、松岡農林水産大臣の自殺という衝撃的な事件の報道一色でしたが、その陰に隠れて以下のようなニュースがありました。 中皮腫の死亡率、クボタ周辺は68倍…アスベスト被害調査  環境省は28日、アスベスト(石綿)による健康被害を把握するために兵庫県尼崎市などで実施している疫学調査の中間結果を明らかにした。  それによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツW杯は何だったのか

「Numberを読む」その2です。 シリーズにすると云っておきながら、「白石康次郎・ヨットで三度めの単独世界一周に挑戦」以来一ヶ月以上経ってしまった。まーその、よくある事で。(^^ゞ Number669は年末に発売されたせいか、2006年のスポーツを振り返る記事が多かった。その中からサッカーワールドカップ、ドイツ大会について取り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある男の肖像~アフガニスタンのマスード司令官(2)

 マスードは確かに、政治的信念や理想を抱いていたと思う。だが何よりも強く、彼を突き動かしていたのは、無辜の人々の苦しみではなかったろうか。戦いとなればアリのように踏み潰され、使い捨ての兵力として利用され、大国や権力者からその苦しみを顧みられる事のない人々。彼らが愛する大地に流した血、落とした涙を思わずにいられなかったのだと。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある男の肖像~アフガニスタンのマスード司令官(1)

 見渡す限り一本の木も生えていない、荒涼とした山並みが天を突く。  5千メートル級の山々を吹く風の音を、私の耳は知らない。その空気の薄さを、私の肺は知らない。そこで大気は、どんな匂いをしているだろうか。吹きつける風は、肌にどんな感触を刻むのだろうか?私の足は・・・そんな光景を前に立った事がない。  想像もできない寒さの中を、乏しい武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグゾーストノイズ・レクイエム~GPライダー加藤大治郎の死(3)

 加藤大治郎の死から程なく、シリーズ第二戦が南アフリカで開催されました。多くのライダーやチームスタッフが、生前彼のつけていたナンバー「74」を、マシンやヘルメット、ライダースーツに貼ってレースに臨み、開始前には黙祷が捧げられました。関係者の誰もが深いショックを胸に抱えたまま、いつもの厳しい戦場へと戻ってきたのです。チーム監督のグレシーニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグゾーストノイズ・レクイエム~GPライダー加藤大治郎の死(2)

 加藤大治郎のライディングを初めて見たのは、6~7年くらい前だったでしょうか。鈴鹿の日本GP、250ccクラスにワイルドカードで出場し、フル参戦する世界の強豪をあっさり押さえて優勝したときです。それは鮮烈な印象でした。相手が誰であろうと、一歩も退かぬ気迫。見惚れるほど切れのいいコーナリング、表彰台の真ん中へ上がった大ちゃんの、ひどく幼げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグゾーストノイズ・レクイエム~GPライダー加藤大治郎の死(1)

 2003年4月20日午前0時42分、GPライダーの加藤大治郎選手が永眠されました。鈴鹿サーキットで行われた2003年シーズンの開幕戦、開始からわずか10分後にクラッシュ、意識不明のまま病院へ搬送され、二週間の昏睡状態の末亡くなられたのです。享年26歳。あまりにも突然の、若過ぎる死でした。  レギュレーションの大幅変更に従い、GPの最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジョーダン、終わりなき挑戦(4)

 MJの大リーグ挑戦を、初めは冷ややかに、或いは戸惑いながら見ていたマイナーのチームメイト、コーチ陣も、瞬時も惜しまず努力する彼の姿、その努力を認めないわけにはいかなかった。彼が間違いなくいい人間であり、挑戦が決して気まぐれなどでない事を。最後まで、そうする理由は理解できなかったとしても。  散々な個人成績に終わった試合の後、MJは恒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジョーダン、終わりなき挑戦(3)

 最初の引退は衝撃的だった。前年にブルズは三連覇を遂げ、MJはまだ三十歳を過ぎたばかり。誰の目にも早過ぎる引退と映ったのである。しかも彼は、いくらもしないうちに大リーグへの挑戦を明らかにした。その後に起こった騒動を記憶している方も多いだろう。誰もが冷ややかに「通用しない」と断じ、「マイナー・リーグでの生活など、とても耐えられないだろう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジョーダン、終わりなき挑戦(2)

 身体能力に優れた者は往々にして、己の能力に甘んじてしまいがちだ。勝利への癒し難い渇望、失望を味わいたくないという、強烈な痛みに欠けている場合が多い。そうしたプレイヤーは決してMJのように、このショットを外せば負けというシチュエーションを任され、誰もが自分しかないと承知している中で、ほとんど常に期待に応え続ける・・・といった真似はできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジョーダン、終わりなき挑戦(1)

これは2002年12月に書いたものです。 ご存知のようにその後マイケル・ジョーダンは引退、ワシントン・ウィザーズは今年、プレーオフ進出を果たし健闘しました。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  マイケル・ジョーダンの伝説的な名プレイは数多いが、私の脳裏に今でも焼きついて離れないシーンが一つある。それはたぶん、伝説の中には数えられない類のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女川原発の再発防止策、「おおむね妥当」で大丈夫?

昨年8月16日の地震による自動停止以来、トラブルやミスが相次いで発覚した宮城県の女川原発は、3号機の定期検査安全管理審査が最低の『C』評定になった事を受け、管理する東北電力が8月23日に品質保証体制総点検報告書を提出。25日に任意の立ち入り調査を行った経済産業省原子力安全・保安院は30日、報告書を「おおむね妥当」と評価し、地元の宮城県女…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

子どもの頃のように~中田英寿が引退

イタリアのセリエA、フィオレンティーナ(英ボルトンとは1日にレンタル契約切れ)に所属する中田英寿選手が昨日、中田英寿オフィシャルホームページ上で、自ら現役引退の決意を発表した。まだ29歳、プロ生活10年めにしての引退。早過ぎると惜しむ声や、彼らしい美学だと納得するコメントもあったが、引退を聞いたほとんどすべての人が驚き、一様に衝撃を受け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

死ぬってどういうこと?

・・・と、当時3歳の姪っ子(お姉ちゃんのほうです)に訊かれた事がある。 そのひなちゃん(仮)がうちへ帰省していたある日、二階の出窓のサッシを開け、「ここから飛び下りてみようよ」と無邪気に云い出したんです。そこは3歳なので、きっと面白いと思ったんでしょうね。もちろん私は、慌てて「そんな事したら死んじゃうよ」と答えたのだが・・・。 そし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

差別用語と「臭いものにフタ」

最初に差別用語を意識したのは、「ルパン三世」の最初のシリーズの再放送で、ときどきセリフが無音になる事に気づいてからだ。はじめはテープが劣化したせいかと思ったが、「放送禁止用語」なるものの存在を知ってようやく得心。それで昔のアニメが、以前ほど頻繁に再放送されなくなったわけだ。ルパンでこれなら、「サスケ」や「カムイ外伝」、それに「どろろ」な…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ロマンティックなアマデウス☆(後編)

昨日、今日とストーブつけるくらい寒かった。。。ここは今の時期、日本で一番寒いとこ(北海道ぢゃないよ、冷たい海風のせい)。さてと。いくらぐじぐじ云ってもあったかくなりゃしないので、アホでケーハクな記事の後半を。・・・ふっ、自虐的♪ しからばモーツァルトには、なぜそんな事が可能だったのか。幼い頃からヨーロッパ各地を演奏旅行して、ドイツ語は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロマンティックなアマデウス☆(前編)

センティメンタルなアマデウス、メランコリックなモーツァルト、センシティヴな・・・えぇ~い!何をどう悩もうと、いずれタイトルに大したイミなし!(ノッケから開き直っとるのぅ、笑)ロマンティックが一番可愛げでええやんけ☆体調不良につき、ノーミソも故障しとる。勘弁してくりゃれ。(眠い、ねむぅ~い!寝てるんだよ、頭が) 音楽療法に効果がある、と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コメントを書き込む場合の不具合について

トップページにも書きましたが、私のブログで認証によるコメント制限は一切していません。にも関わらず「コメント」(会員用ではない)ボタンをクリックするとログイン画面が表示される、または「このコメントは書き込まれません」と出て送信できない、などの不具合がランダムに発生しています。これは私のブログだけではないようで、事務局のサポートページ「よく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「僕はほかの選手ではない」、イチローのプライド

確かに他の選手がこんなコメントしたら、一体何様だと石を投げられるね(苦笑)。言葉も発する人間によって、輝きや重みが違うっていい例。イチローほどの実績があればこそ許されるというか、サマになる、いやかっちょい~セリフですな。それでもWBCでの活躍前なら、冷ややかに受け止めるマスコミは多かったろうが。。。勝手なイメージ押し付けといて、日本が世…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

海賊はいいけど、海賊版はね。。。

いや、実際の海賊はよくないっス(笑)。小説や映画の中ならいいってコト☆ 海賊版のDVDが横行してるのは以前から問題になってたが、最近じゃ中国あたりで大量にコピーしたものが出回っているらしい。当初は映画館にカメラを持ち込み、観客の頭が映ってたりして苦笑したけど。あれを買うくらいだったら、マジメに入場料払って見たほうがいいんじゃないの?(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリは眠らない~原発事故から20年

1986年4月26日、旧ソビエト連邦チェルノブイリ原発において爆発が起こり、四号炉の原子炉と建屋が崩壊、大気中に5000万キュリーもの放射性核種が放出された。これは広島に投下された原爆の50倍だかにあたる値だそうで、それだけでも想像をはるかに超えているが、問題は20年経った今も放射能汚染が続いている事である。原爆や東海村のJCOウラン加…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

控訴棄却~松本智津夫被告の裁判

この件に関して書くつもりはなかったけど、ちょっと考えさせられたので。。。 あるラジオ番組のサイトで、控訴棄却と裁判打ち切りに関し、賛成か反対かの投票をやっていたのだが・・・まあ当然、「賛成、即刻死刑にすべき」という意見が圧倒的多数を占めた。地下鉄サリン事件を初めとする犯罪の重大性、社会的影響、多数の被害者を出した事等々を鑑みれば、結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大空を去る~原田雅彦の引退~

「ボロボロになるまで空を飛びたい」・・・その言葉通り現役にこだわり続けてきた、スキー・ジャンプの原田雅彦が昨日、大倉山での試合を最後に引退しました。結果は16位、最後の勇姿を見届けようと駆けつけた4000人のファンに、笑顔で手を振りながら。。。 トリノオリンピックも終わり、世間がまだ荒川静香の金メダルの余韻に浸っている頃、その陰に隠れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修辞学を習ってたらなあ。。。

文章を書くのが、もうちょっとラクだったと思う。自分で一から発見し、組み立てていくのって、試行錯誤の時間がムダだし大変過ぎるよ。ないならともかく、すでに学問として確立しているものをさあ。。。本をたくさん読むぶんには構わないが、いちいち文章まで検証しないでしょ? 修辞学(レトリック)は中世以降廃れてしまったそうで、本来はいかに効果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本、気魄の勝利なるか!?

WBC日本vs韓国は、ただ今雨で中断しています。まもなく再開の見込み。ううっ、それにしても気を持たせるなあ。。。早く終わってくれよ、ドキドキしちゃって落ち着かない~~! 今日も日本が押し気味に試合を進めながら、ここというときにタイムリーが出ず、いい当たりはダブルプレーになるし、多村のホームランは風に推し戻されるしで・・・ああ、またかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは第一関門突破!

とにかく今日負けたら、WBC二次リーグでの敗退が決まるので。。。。実にハラハラしながら、かぶりつきでTVを見てました。小笠原のヒットで2点を先制したときは、思わずよっしゃ!!とガッツポーズ(笑)。誤審騒ぎで応援にも火がつきました☆でもって畳み込むように里崎のツーランが!行け行け、GOGO!とにかくたくさん点を取れ~~~!!負けた試合はい…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

「WBC二次予選 日本VS米国」について

結局あれは、西岡のタッチアップが上手過ぎて、主審やアメリカの監督には理解できなかったという事じゃないっスか。いつぞやのオリンピック柔道で、篠原の返し技を未熟な主審が判定できず、相手の金メダルとしてしまったように。。。アメリカの試合に全員アメリカの審判、おまけにホームアドバンテージときては、確かに国際試合として著しく公平を欠くけれど、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Out of control

あるTV番組でヤンキースの松井秀喜が云っていたのだが、集中力を高めるには「自分でコントロール可能なこと」と、「自分ではコントロールできないこと」に物事を分けて考えるのだそうです。たとえばアウェイのゲームで、相手チームのファンから受けるブーイングなどは、自分でコントロールできないこと。だから気にしたところで仕方ない、と云うわけです。な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more