紫のバラ

そろそろ梅雨入りとゆうことで、今日は屋根に上って雨どいの掃除をしました。杉の枯れ葉とかいろいろゴミが溜まると、雨水が流れなくなってたいへーん!なのね。「屋根に上がっているうちに、おっきい余震でもきたらどーすんだ?」と訊いたら、母は一瞬沈黙した後、「だいじょぶだよ、落ちやしないって」と答えた。 雨どいの掃除ってのはー、屋根のはしっこでや…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その72

 船長室を出ると、中央甲板は荷揚げ作業でごった返していた。怪我人の入院や海賊どもの始末を優先したのと、霙まじりの雨に祟られて遅れたのだ。開放されたハッチの下の船倉では、広げられた網の中央へどんどん荷が積み上げられ、一杯になると包み込んで、メインマストの滑車から下されたフックにかける。合図の声に甲板では、位置についていた屈強な乗組員らが歯…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(9)

 たとえ七宝焼きの技術を身につけても、あなたはまず雇ってくれるところを探さなきゃいけない。腹話術は元手が要らないし、人の行き交う場所ならどこでも稼げるから、その間の繋ぎになると云うのだ。日頃機会を捉えては小間使いや乳母、下働きの女たちから庶民の暮らしぶりを聞き出し、熱心に勉強している事は知っていたが(お嬢さまってほんとに好奇心の強い方ね…

続きを読むread more

Photoshop Elements でイラストを描こう♪~グラデーションツール(1)

今回はグラデーションと写真を組み合わせて、ぼかしたような背景を作るテクニックの一例をご紹介します。題材に使う完成イラストはこちら。↓ ブルー系の円形グラデーションとお城の写真を使った背景、これを例に説明していきます。そして以下は、このイラストでレイヤーが、どんなふうに重なっているかを示すリスト。重なり順は番号が若いほど下になり…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その71

 一瞬ひどく心配そうな顔をした少年へ、彼はにこやかに頷いた。それに勇気を得て、アスールがパッと陽光の中へ駆け出す。 「打たれ強いのだけは確かですなあ」と、モナハン。  その目はベリルのもとへ走り寄る少年の、跳ねるように元気な背中を追っていた。無骨な顔には満面の笑みが浮かんでいる。 「振り返らなくてもわかるぞ、貴様がデレデレと笑み崩…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(8)

 いつかわたしと所帯を持ち、働き者の奥さんになって支えること。子どもは三人以上、わたしによく似た男の子が一人は欲しい。それがセシリアの抱く、ただ一つの夢だった。平凡な庶民の娘なら、きっと叶えられただろう慎ましやかな夢。彼女はだがゾーイ公爵家という、王家の血筋を引く古い家柄の名門貴族に生まれた。いずれは由緒あるその家名と、所有する五軒の家…

続きを読むread more

もう一杯いかが?

イラストを描くのに久しぶりでスキャナから線画を読み込んだ。 何と一年半も使ってなかったー!(^O^) パソコンがちゃんと認識するか心配だったけど、一度エラーは出たものの、構わず再トライしたら、うぃーんとプレビューを出してくれました。実はうちのスキャナ、XP用のドライバを入れてないんだよね。だから一旦必ずエラーを出すの。(^^ゞ ・…

続きを読むread more

ちょきんこウグイス・プラス

今日久しぶりに、ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ・・・と、落ち着いてゆったり囀るウグイスの、美しい鳴き声を聞きました。 うーん、やはり心がなごむのぅ。(-。-)y-゜゜゜ いつもは、ちょきんこちょきんこちょきんこ、ちょっ、きん、ちょっ、きん・・・とけたたましく叫ぶ(囀るなどとゆう、可愛らしいモノでわない)、カン高いウグイスの声ば…

続きを読むread more

Photoshop Elements でHP用画像を作ろう♪~ヘッダーの画像をHPに載せる

うーん、前回の記事から二ヶ月半以上経ってしまった・・・。(^^ゞ ま、やらないよりはいっかぁ! てなわけでさっそく、「Photoshop Elements でHP用画像を作ろう♪~ヘッダーの画像を合成する(2)」で作った画像を、スタイルシートを使ってHPに載せる方法の一例をご紹介します。 *スタイルシートはHTMLソースを記述…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その70

「いいだろう。今日からおまえを、正式に一人前の船乗りとして認める。従ってその女も自由の身だ。おまえに誓った事以外、どんな義務も負わないものとする。・・・ま、事実上の無条件だな。ちゃんと履行するかどうか、一生見張るわけにもいかん」  意外な言葉に目を瞠ったのは、ベリルだけではなかった。アスールのほうがよほど驚き、「えっ?」と声を出したの…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(7)

 二人してお腹がよじれるくらい笑った後、セシリアは自分が腹話術を使ったこと、かつて旅回りの一座の花形として国中を巡業した本職の老人から教えて貰った事を、はにかみながらも嬉しさを隠し切れぬ様子で話してくれた。わたしたちはずっと共犯者だったが、これでこの小さな秘密も分かち合えるからだ。すでに腹話術師を引退し、今は生まれ故郷のヴァンサン村で暮…

続きを読むread more

ハナミズキ

例年になくハナミズキがキレイなので、久しぶりにデジカメで撮ってみた。 去年はろくに花をつけなかったから、そのぶん力を蓄えられたかな。 すっげー色が鮮やかでしょ?いつもはもっとうすーいピンクなの。 でもこれは、花が咲いた状態ではありません。ピンクの花びらに見える部分はガクで、ほんとの花は真ん中に寄り集まっているちーちゃいの。…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その69

 ついに堪え切れなくなって、モナハンがぶふっと吹き出した。少年がびっくりしたように目をパチクリさせ、ザカリアが苦虫を噛み潰すなか、苦しげに身を折り曲げながら笑っている。ベリルは一切素知らぬ振りだ。 「・・・失礼、船長。どうにも腹の皮がよじれて」  頭の薄くなった元百人隊長は、涙目を拭って断ると、なおもぐふぐふと妙な笑い声を洩らした。…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(6)

 セシリアは唇を尖らせ、つんとそっぽを向いた。それからふっと、ちょっぴりもの思わしげな横顔になる。そんな何気ない仕草がいちいち可愛らしく、拗ねてみせるのも実際にがっかりしているからだとわかってしまうので、わたしの心臓は抑えようもなく早鐘を打つ。あの頃彼女は、まだ知らなかったのだ。こんなふうに身を預けて警戒もしないこと、不意打ちのキス、当…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その68

「人手が足りないからと、船の仕事まで手伝わせているらしいな。まったく、なし崩しもいいところだ。ガレリからは男と同じに力仕事をこなすし、水夫としちゃ文句なしだと聞いているが。・・・それで?その女の処遇は決めたんだろうな、アスール」 「その前に一つだけ、彼女に質問していいですか?」  ザカリアがまたかと云いたげなしかめ面で、面倒臭そうに…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(5)

 愛しいわたしのセシリア。永遠に時を止めたまま、今もわたしの胸に息づく恋人。あの日12歳の彼女は、かすかに戦く睫毛を上げ、わたしを見下ろして微笑みながら、翳りない幸福に光り輝いていた。あどけない少女と大人の女とのあわいで、思春期の織り成す木漏れ日のような光と影が、奇跡のように心を捉える美しい顔立ち。背後から射す陽光に透け、きらきらと眩し…

続きを読むread more

引き続き「オリュンポス」・下

(引き続き「オリュンポス」・上から続く) その他にもたとえば、 ・シコラックスと旅に出た老オデュッセウスは、キューバ危機が核戦争に発展した別世界で、その犠牲となってしまうのか?(おいおい・・・) ・「静寂」=デモゴルゴン=唯一絶対の神、という理解でいいのだろうか?どうもキリスト教的唯一神のイメージが強いせいか、宇宙の創造者が火…
コメント:0

続きを読むread more

引き続き「オリュンポス」・上

前回の記事に続きダン・シモンズのSF作品、「イリアム」の第二部「オリュンポス」です。ネタバレがたくさんあるので、読んでいない方はご注意下さい。m(__)m それにしてもコレ、日本語版は去年の3月に出たばっかなんですねー。「エンディミオンの覚醒」のあとがきですでに言及されていたから、もっと早く出ているものと思ってたんですが・・・。 …

続きを読むread more

ダン・シモンズの「イリアム」

ういッス、お久しぶりッス! おいらは今、ダン・シモンズのハイパーSF(ちなみに訊くけど、ハイパーってどゆ意味?)、「イリアム」を一日かけて読み終わったところだ。 そして容易に想像がつくだろうが、四時間しか寝ていないこともあって異様にハイテンション。なぜなら・・・・ちょーーーーー、面白かったからッ!!\(^o^)/ 総ページ数7…
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その67

 アスールは情けないように苦笑しただけだ。実際彼女とキア・リダが信じ、カナンの予言した通り、ザカリアは夜になって意識を取り戻した。ほとんど熱も下がり、驚いた事にスープとオート麦のおかゆさえ摂ったと云う。しかもキア・リダより重態だった筈が、マラメアのレサス港へ着く前夜には船長室へ戻っていた。キアはそれを聞くと、少年にウィンクしてみせたもの…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(4)

 馬乗りになったままわたしを覗き込み、屈託のない笑顔がなお「ワンワン、ワワン!」と犬の吠え声を真似た。どうやら愛犬のフェザーを気取っているらしい。懲りずに舐めようとする顔の前へ手のひらを翳し、「お預け!」と命じると、彼女は鼻面に可愛らしく皺を寄せて不満を表明した。・・・そう。セシリアはいつだって文句なしに愛らしかったし、心を惹きつけて止…

続きを読むread more

Hideo Nomo がメジャーのマウンドに帰ってきたよ!

いやぁー、もう、無条件に嬉しいッスねえ~~~。(^O^) えっ、ホームランを二発浴びた? そんなの関係ないない、ホームランを打たれるのは「いつもどおりです」から~。・・・なんちゃって、あと二回も似たような投球をしたらヤバいけど。(^^ゞ この日をどれほど待ち焦がれたことか。と云いたいところだが、正直に打ち明けましょう。野茂が実…

続きを読むread more

au Music Port を使ってみた♪

「W61H がよーやく発売☆」ではエラソーなことを云ったものの、せっかく最新機種に変更したケータイを放置プレイ・・・はやはり勿体ない気がしてきたので。(^^ゞ 「au Music Port」 を使って、パソコンに取り込んだ音楽CDや、Lismo Music からダウンロードした「着うたフル」をケータイに転送してみました。 今それを、…

続きを読むread more

野茂英雄、3年ぶりのメジャー昇格!

イィーヤッホォーゥイ!遂に野茂がやりましたぁー!\(^o^)/ といってもただ、メジャーに昇格しただけなんですけどぉ♪ 4月5日、カンザスシティ・ロイヤルズとの間でメジャー契約を結んだそうです。ニュースを聞いたときはもう、狂喜乱舞しましたよ~。あんまり思い切り拍手したので、手が痛くなったくらい(笑)。それにしても早かったですねぇ。私…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その66

 まるで何か察しているように、温かな眼差しを向ける。そのときになって初めて、少年の肩越しにベリルの姿を認め、キア・リダが怪訝そうに眉をしかめた。ヴァザラックの娘で今は自分の預かりになっていること、意識のない彼を、海賊船から一緒に助け出してくれた事などを、アスールがかいつまんで話す。友人のやつれた顔を見下ろす表情は、気がかりでならないよう…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(3)

 僕たちは水の中のヤゴなんだ。あのトンボと架空の恋人みたいに、大空をどこまでも飛んでいける自由な翅はない・・・。情けないほど細い自分の手首を見つめ、わたしは待った。シンと静まり返った世界から、きっと返ってくる筈の答えを。聞こえるのはだが、さっきより遠くなった鳶の声と、風がさわさわと草花をそよがせる音ばかり。  まさか本当に、あのトンボ…

続きを読むread more

野茂、右足の故障で開幕メジャーならず

四回を投げて5失点を喫したオープン戦四度目の登板の後、ロイヤルズの先発候補から外れ、中継ぎでのメジャー開幕を目指していた野茂英雄投手ですが、25日の登板で右足の付け根を痛め、当面キャンプ地で再調整する事が決まりました。 その5失点がきいて防御率こそ4.80とあまりよくありませんが、ピッチングの内容そのものはずっとよく、開幕メジャー入り…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その65

「ああ・・・おまえの顔を見ると、何かホッとするなぁ」  目を開けるなりまじまじとアスールを見つめ、弱々しい声で呟いて、キア・リダは胸の奥から深い息を搾り出した。ようやく意識を取り戻したのだ。翌日の正午近く、ちょうど一仕事終えた少年が、様子を見に来ていたときだった。 「おかしな夢を見ていたよ。最初はだけど、恐ろしく嫌な・・・苦しい夢だ…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(2)

「そうか、魔術師はおまじないこそ知っていても、自分で通り抜ける勇気がないんだね。放してやってもいいけど、持ち帰った虹の粉はきっと悪い術に使われる。だから僕が、恋人を解放する呪文を教えてあげよう。それにはきみと恋人の名前が必要だけど・・・きみはもしかしたら、セシーと云うんじゃないかな?どう、当たってる?」 「違います!ボクは勇者アルフレ…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その64

 普段なら船長室で仮眠などあり得ないが、ザカリアは他の重傷患者と一緒に、医務室で横たわっている。そのうちの一人が日暮れ前に息を引き取り、死者は8人になった。「消耗しているね・・・」ベリルが軽く肩をすくめ、足下にランタンを置いて座る。 「男ってのは疲れたときほど、やりたくなるものらしいな?道理でひっきりなしに、わたしが寝ているところを覗…

続きを読むread more

愛だけが聞こえる(1)

 光の加減によって透き通った翅に浮き上がる、心躍るような虹色の淡いきらめき。一つに重ね合わせたトンボの翅を根もとで押さえ、爽やかな初夏の陽射しに翳すと、それは角度を変えるたびに現れたり消えたりした。 ・・・何だか鉱石でできているみたいだな。縦横に走る繊細な翅脈を見つめ、ぼんやりと考えたのを思い出す。今は見捨てられた採掘抗の中で転がって…

続きを読むread more

標準モードと互換モードの違い(2)・float プロパティ

スタイルシートで段組を左右に配置する場合は、「floatプロパティ」を使って指定します。(他に「絶対位置指定」という方法も) 例えばメインを左に、サイドバーを右にするなら・・・  #main { float: left; }  #side { float: right; } というように記述します。 このfloat プロ…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その63

 くすくすと笑う少年を、女の子は不思議そうに眺めた。カナンにとってはアスールこそが謎なのだ。その柔らかで温かく、眩暈を覚えるほど豊かな感情のすべてが。・・・理屈でわかっても、手の中につかめない謎。同じ印を刻んだ事で、彼だけが確かな肉体を持ち、鮮やかな色を放つようになったからだ。 「判断ならできる。でも望みというものは、感情に根ざしてい…

続きを読むread more

野茂がオープン戦で二度目の登板

大リーグ、カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んでいる野茂英雄投手は現地3月5日、サンフランシスコ・ジャイアンツとのオープン戦に4回から登板、3イニング49球を投げて打者14人に対し被安打3、四死球2、奪三振3の内容で無失点に抑えました。(→「野茂英雄公式WEBサイト」より) やりっ、オープン戦初登板に続く好投ですね♪(^…

続きを読むread more

Photoshop Elements でHP用画像を作ろう♪~ヘッダーの画像を合成する(2)

「Photoshop Elements でHP用画像を作ろう♪~ヘッダーの画像を合成する(1)」では、合成に必要な三枚の画像を用意しました。今回はそれを新しいファイルに合成し、サイト名のテキストを載せて完成させます。 同じやり方で合成した、別パターンの背景画像↓ サイズは800×279ピクセル。 こちらは800…
コメント:0

続きを読むread more

『蒼龍』の人員配置

ダン・シモンズの「ザ・テラー~極北の恐怖」を読んで大変有難かったのは、艦船における部署名や細かい内部構造がわかった事です。だってまず名前がわからなきゃー、ネットで検索する事もままならなーい!・・・でしょ?でへ♪(^^ゞ そんな事も調べず、船乗りになりたい男の子の話を書き始めたのか!?などとゆう、至極ごもっともな疑問はさておき。(さてお…

続きを読むread more

標準モードと互換モードの違い(1)・width プロパティ

標準モードで自分のHPを見た場合のレイアウトの崩れを、三日かかって全部修復しました。細かい点でまだ直すトコがあるけど、それはおいおいに・・・。(^^ゞ 執念ですな(笑)。やっぱ気になって、放りっぱなしにできなかった。 ついでにとゆうか、メインとサイドバーの高さを合わせる姑息な手段も考えついた。実際その場しのぎなんだけどね。よくよく気…
コメント:0

続きを読むread more

マラメアの海賊・その62

 ちょっと驚いたように目を瞠り、少年は真面目な顔で考え込んだ。ターラの事を思い出して、ぎゅっと胸を締め付けた痛み。少女はそれを読み取ったのだろう。だが他人の思考を覗けるにせよ、一体どこまでわかってしまうのか。カナンは手のひらと眉間の印を通じて、二人の間が繋がっているとも云ったっけ・・・。アスールはきっぱりと首を振った。 「この印がなか…

続きを読むread more

Firefox でMy HP を確認したら。。。

何かトンでもないことになっていました。 レイアウトがズタボロに崩れているのです。 前々からスタイルシートとHTMLソースの記述が、きっとかなりいーかげんなんだろうな・・・という自覚はあったのだが、まさかここまでヒドいとは。。。(-_-) 単にレイアウトが崩れているだけでなく、同じ記述をしているのに、あるページではスタイルがちゃんと…

続きを読むread more

Photoshop Elements でHP用画像を作ろう♪~ヘッダーの画像を合成する(1)

このページで云えば、「天使のたまご」というブログタイトルの背景となっている写真、もしくはイラスト、CGなどですね。ページトップの一番目立つ位置にあって、謂わばHPやブログの顔となる大切な画像です。今回は初心者でも簡単なテクニックで作れるアイディアの一つをご紹介しましょう。 出来上がりはこんな感じ。↓ サイズは800×28…
コメント:2

続きを読むread more

マラメアの海賊・その61

 濡れた睫毛を上げ、ちょっと洟を啜って、アスールは不思議そうにそれを眺めた。透明なその結晶からは、清流の密かなせせらぎか赤子の笑い声のような、どこかくすぐったい響きが聞こえてくる。 「痛みや怖さも溶け込んでいるのに、アスールの涙は冷たくない。・・・これが好きという気持ち?父さんや兄さんの話をするときも、アスールはふわっと温かくなった。…

続きを読むread more

金色の花びらが舞い散る下で・27

「ごめんなさい。僕、偉そうな事なんか云うつもりじゃなかった。ただその、何だか悲しくなっちゃったんだ。ザカリア小父さんだってきっと、お母さんに会いたい筈なのに・・・なぜダメなんだろうと思ったら」 「しおらしく謝ったりするな。物分りのいいガキなんぞ俺は好かん」  払いのけるようにサッと、顔の前で腕を振りながら云う。ザカリアはその指を翻し…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その60

 少女は答えなかった。再び目を閉じ、今度はキア・リダの名を舌で転がしたのだ。瞼の裏に無数の残像を刻んで、眩い光の粒が癖のない黒髪を揺らし、寝巻きの裾を閃かせながら飛び回る。 「アスールはキア・リダに、助かって欲しい?」 「そりゃもちろん、だけど・・・」答える瞳が不安に揺れた。  様々な感情が入り乱れ、ひしぎ合って、少年に沈黙を強い…

続きを読むread more

金色の花びらが舞い散る下で・26

 その代わり別の誰かが、命を落とす羽目になるだろうが。デーモンは胸の裡で呟いた。ふと視線を落とし、膝に抱いた愛娘が顎を反らして、じっと見上げている事に気づく。・・・この無垢な瞳、子どもたちの思いのほうが正しいんだけどな。どこか淋しげに微笑みかけると、彼はディーディの前髪の生え際を掻き上げ、可愛いおでこに柔らかくキスしてやった。 「それ…

続きを読むread more

トルーマン・カポーティ・「冷血」

少なくともコンディションが最悪のときに、読むモノではありませんな。(^^ゞ このところの厳しい寒さでまたぞろ自律神経が不調を来たし、いっかな寒気が止まらなくてチョー気持ち悪いうえ、脳疲労でバーンナウト(10時間以上の爆睡)した直後。。。おまけに外はみぞれ混じりの暴風雨という、これ以上ないお膳立てでした。 おかげで苦しい悪夢を見た。・…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その59

 ただでさえ見習い修業はキツい、ザカリアの肝煎りという事であれば、まわりの見る目は余計厳しくなるぞ。『蒼龍』に乗ると決めたとき、父からはそう釘を刺された。自らの意志で親もとを離れる以上、逃げ帰るわけにはいかないという気負いもあった。それをキア・リダは、明るい笑顔で迎えてくれたのだ。ごく自然に接して、余分な肩の力を抜いてくれた。 「父さ…

続きを読むread more

金色の花びらが舞い散る下で・25

「確かにおまえの云う通りだよ、ジョシュ。ザカリアなら首長の座を巡る争いに、決着がつけられるかも知れん。だがそうだな・・・全部はわからなくていいから、ちょっと難しい話をしようか。たとえ他の誰より、首長になる資格と実力があったとしてもだ、小父さんはもう十七年も故郷を離れてる。いきなり帰国したところで、ウィンダミアの人たちが果たして、はいそう…

続きを読むread more

マラメアの海賊・その58

「カナンの父だという人は、息子が殺されたと思っている。カナンでなければその男に。でも兄だという人が死んだのは、アヘンと女遊びが過ぎたせい。体力の衰えているところへ、悪い病気を移された。第一カナンには、見た事もない人を殺す理由がない。その男だって考えた事もなかった。あからさまに疑われるまでは」 「・・・そうか」アスールは辛そうに溜息をつ…

続きを読むread more

金色の花びらが舞い散る下で・24

「ああ、困ったな。おまえときたら、頭もとびきりよくて」  なぜか嬉しそうに笑み崩れ、デーモンは息子にチュッとキスした。ジョシュが何やら当惑した態で目を瞠る。意外な反応やキスには慣れっこでも(何しろ父はキス魔だった)、「困ったな」という一言が漠然とした不安を掻き立てたからだ。もしかして僕、何か子どもっぽい事を云ったかしら。 「それもエ…

続きを読むread more

野茂がロイヤルズとマイナー契約

野茂英雄の公式サイトによれば、ベネズエラのレオネス・デル・カラカスと契約が切れ、休養中だった野茂英雄は、日本時間1月4日、メジャーリーグのキャンプへの招待つきで、カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだそうです。 おおっ、正月早々めでたいニュースだッ!\(^o^)/ 公式サイトを一日遅くチェックしていたら、あんな暗い記事を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more